輸入車[2020.06.25 UP]


【メルセデス・ベンツ GLA、GLB】コンパクトSUVの新型を2モデル同時に発表!

フルモデルチェンジしたコンパクトクロスオーバーSUV「GLA」(左)と新型クロスオーバーSUVの「GLB」(右)フルモデルチェンジしたコンパクトクロスオーバーSUV「GLA」(左)と新型クロスオーバーSUVの「GLB」(右)

文●大音安弘 写真●メルセデス・ベンツ

 メルセデス・ベンツ日本は、2020年6月25日、コンパクトクロスオーバーSUVである「GLA」のフルモデルチェンジと新型クロスオーバーSUVの「GLB」を発表し、同日より予約受注を開始した。価格は、GLAが502万円。GLBが512万円~696万円となる。いずれも右ハンドル仕様のみの設定だ。


スタイリッシュな小型SUVのGLAが2代目に

ボディサイズは、全長4415mm×全幅1835mm×全高1620mmと、従来型と同等ボディサイズは、全長4415mm×全幅1835mm×全高1620mmと、従来型と同等

 メルセデス・ベンツのエントリーSUVの役目を担う「GLA」が、第2世代へと進化。従来型同様に、Aクラスの都会的なスタイルを受け継ぎながら、車高アップと専用デザインを加えることで、見事にクロスオーバーSUVへと変貌を遂げている。

 フロントグリルには、メルセデスSUVファミリーの一員であることを示す特徴的なルーバーを装備。アンダーガードと2本のパワードームを備えたボンネットがタフさを表現する。またヘッドライトのデザインも一新。ハッチバックのAクラスを意識したスタイルが、軽快さのあるシャープなスタイリングを実現している。

 メルセデスのエントリーSUVとして注視されるボディサイズは、全長4415mm×全幅1835mm×全高1620mmと、従来型と同等サイズを維持し、持ち味の扱いやすさを受け継いでいる。その一方で、同等サイズを維持しながらも、キャビンの拡大を実現。着座位置を従来型よりも97mm高くすることで、全方位の視認性を向上。乗降性も大幅に向上させている。


Aクラスの都会的なスタイルを受け継ぎながら、車高アップと専用デザインを加えることで、見事にクロスオーバーSUVへと変貌を遂げているAクラスの都会的なスタイルを受け継ぎながら、車高アップと専用デザインを加えることで、見事にクロスオーバーSUVへと変貌を遂げている


新型では後席の快適性が改善された

ボディサイズをキープしながら、室内は空間効率を改善し、後席と荷室を広げたボディサイズをキープしながら、室内は空間効率を改善し、後席と荷室を広げた

 小さいボディの影響を受けやすい後席スペースも改善。後席のレッグスペースは、標準状態で従来型より116mmも広げ、前後方向のゆとりも拡大。さらに新機能として140mmのスライド機構が装備された。これにより荷物や後席の利用状況に合わせて、シート位置を調整することができるように。後席の7段階のリクライニングとの合わせ技により、快適性も向上されている。

 ラゲッジスペースは、425Lから最大1420Lを確保。テールゲートからのアクセス時もハンズフリーでの開閉が可能となる「EASY-PACK自動開閉式テールゲート」を標準化し、使い勝手が良くなっている。


上質なしつらえとなるGLAのフロントシート上質なしつらえとなるGLAのフロントシート


膝前空間が広がり、背もたれも7段階でリクライニングするようになった膝前空間が広がり、背もたれも7段階でリクライニングするようになった


テールゲートからのアクセス時もハンズフリーでの開閉が可能となる「EASY-PACK自動開閉式テールゲート」を標準化テールゲートからのアクセス時もハンズフリーでの開閉が可能となる「EASY-PACK自動開閉式テールゲート」を標準化


ラゲッジスペースは、425Lから最大1420Lを確保ラゲッジスペースは、425Lから最大1420Lを確保


GLAはモノグレードに

グレードは2.0Lの直列4気筒クリーンディーゼルターボを搭載する「GLA 200d 4MATIC」のみグレードは2.0Lの直列4気筒クリーンディーゼルターボを搭載する「GLA 200d 4MATIC」のみ

 新型はシンプルなモノグレードの「GLA 200d 4MATIC」となり、2.0Lの直列4気筒クリーンディーゼルターボを搭載。最高出力150馬力、最大トルク320Nmを発揮。トランスミッションには、新開発の8速DCTを組み合わせる。また標準となる4WDシステムも新タイプとなり、走行性能を高めた。燃費消費率は、16.5km/L(WLTCモード)となる。


メルセデス・ベンツ GLA 200d 4MATIC(8速DCT)データ


■全長×全幅×全高:4415×1835×1620mm
■ホイールベース:2730mm
■トレッド前/後:1590/1595mm
■車両重量:1710kg
■エンジン:直4DOHCディーゼルターボ
■総排気量:1949cc
■最高出力:150ps/3400-4400rpm
■最大トルク:32.6kgm/1400-3200rpm
■ブレーキ前/後:Vディスク/ディスク
■タイヤ前後:235/45R20


9番目のSUVは、ファミリーSUV

オールニューモデルとなるGLBオールニューモデルとなるGLB

 オールニューモデルとなるGLBは、トールボーイのBクラス同様に、ファミリー層を意識したコンパクトなSUVだが、クロカンモデルGクラスを彷彿させる王道的スタイルと、3列7人乗りのシートレイアウトが特徴だ。

 新型車GLBは、AクラスとBクラスのような兄弟的な関係はなく、スタイリッシュさを売りとするGLAとは異なり、タフネスさや実用性を意識した本格派SUVパッケージングを採用する。そのメッセージは、GLBのスタリングからも明白だ。

 全体的にスクエアなフォルムを与え、敢えてメルセデスのエレガントさを控えることで、やや武骨さも覚えるスタイルに仕上げている。もちろん、メルセデスらしさは健在で、キャラクターは、トップ・オブ・クロカンの一台であるGクラスの面影を映す。GLA同様に、メルセデスSUVファミリーの証であるフロントグリルや堅牢さを示すアンダーガードも備わる。

 ボディサイズは、全長4634mm×全幅1834mm×全高1706mmと、一クラス上のGLCよりも少しコンパクトだが、FFベースのパッケージを活かすことで、3列シートレイアウトを実現している。


Gクラスを彷彿させる王道的スタイルと、3列7人乗りのシートレイアウトが特徴Gクラスを彷彿させる王道的スタイルと、3列7人乗りのシートレイアウトが特徴


実質的には5+2レイアウトのキャビン

GLBはファミリーユースを意識した3列7人乗り仕様GLBはファミリーユースを意識した3列7人乗り仕様

 手頃なサイズで7シーターを実現するが、これもファミリーユースを意識してのもの。3列目シートは、身長165mmまでの対応とし、ISOFIXも備えるなど、子供や小柄な人の利用をメインとしている。ただし、充電用USBポートを備えるなどもてなしに抜かりはない。

 2列目シートは、乗員やラゲッジ乗り用に合わせて調整できる140mmのスライド機構と8段階のリクライニング機能も備える。ラゲッジスペースは、7人乗りだと130Lと少ないが、3列シートを格納し、5名乗車仕様とすれば、500Lに拡大。後席を全てフルフラット化すると、1680Lを確保する。これならファミリーカーや本格的なアウトドアユースにも、不足はないだろう。


GLAとは違いヘッドレストが分割式となるGLBの1列目GLAとは違いヘッドレストが分割式となるGLBの1列目


スライドとリクライニングが可能な2列目シートスライドとリクライニングが可能な2列目シート


3列目シートは未使用時にはたたんでフラットな荷室になる3列目シートは未使用時にはたたんでフラットな荷室になる


ラゲッジスペースは、7人乗りだと130Lラゲッジスペースは、7人乗りだと130L


3列シートを格納し、5名乗車仕様とすれば、500Lに拡大。後席を全てフルフラット化すると、1680Lを確3列シートを格納し、5名乗車仕様とすれば、500Lに拡大。後席を全てフルフラット化すると、1680Lを確


絞りに絞った2グレード構成のGLB

ディーゼルとガソリン、2種類のパワートレインを用意ディーゼルとガソリン、2種類のパワートレインを用意

 GLBは、クリーンディーゼル車の「GLB200d」とガソリン車の「GLB 250 4MATICスポーツ」の2タイプ。「GLB 200d」は、2.0L4気筒クリーンディーゼルターボを搭載。最高出力150馬力、最大トルク320Nmを発揮。駆動方式は、前輪駆動となる。一方、「GLB 250 4MATICスポーツ」は、2.0L直列4気筒ターボエンジンを搭載。最高出力224馬力、最大トルク350Nmを発揮。こちらは4WDが組み合わされる。燃費消費率については、ガソリン車のみ公表されており、12.0km/L(WLTCモード)だ。いずれもトランスミッションは、新開発の8速DCTが搭載される。ディーゼル+4WDが選択できないのは、やや残念。ただSUVといえど、街乗りがメインであることを考慮し、売れ筋のクリーンディーゼルターボの価格を抑えるのが狙いなのだろう。


メルセデスの最新機能をしっかり押さえる!

対話型インフォテイメントシステム「MBUX」と便利な「ワイヤレスチャージング機能」を全車に標準化対話型インフォテイメントシステム「MBUX」と便利な「ワイヤレスチャージング機能」を全車に標準化

 GLAとGLB共に、メルセデス・ベンツが誇る先進機能を積極的に搭載。「HI!メルセデス」が話題となった対話型インフォテイメントシステム「MBUX」と便利な「ワイヤレスチャージング機能」を全車に標準化。普及が進むテレマティクス機能も備わる。また安全面では、先進の安全運転支援機能「レーダーセーフティパッケージ」が全車に標準装備されたことは、朗報といえる。


メルセデス・ベンツ GLB 250 4MATIC スポーツ(8速DCT)データ


■全長×全幅×全高:4650×1845×1700mm
■ホイールベース:2830mm
■トレッド前/後:1600/1610mm
■車両重量:1760kg
■エンジン:直4DOHCターボ
■総排気量:1991cc
■最高出力:350ps/1800-4000rpm
■最大トルク:35.7kgm/1800-4000rpm
■ブレーキ前/後:Vディスク/ディスク
■タイヤ前後:235/45R20



関連情報


ボディタイプ:SUV・クロカン新車