愛媛県松山市の魅力をバーチャル背景で発信! 道後温泉でゆっくり癒されよう♪

全国的な新型コロナウイルス感染拡大に伴い、4月18日(土曜日)から臨時休館を行っていた愛媛県松山市の観光の顔、重要文化財道後温泉本館が6月19日(金)から営業を再開。まだすぐには道後温泉を訪れることが出来ないという人々向けに、松山市は道後温泉本館と松山城の「バーチャル背景」の提供を開始した。

営業を再開した道後温泉本館では営業再開に合わせ、道後温泉本館西面の玄関棟前に設置している日除け幕が、暖色の赤系を基調にしたデザインから清涼感のある青系にリニューアル。長い自粛生活の中でストレスを抱えていた人々や、特に温泉ファンにとっては待望のニュースとなる。県内観光振興に取り組みながら、全国的な感染等の状況を確かめながら情報発信等も行っていく予定だ。

そんな中、まだすぐには道後温泉を訪れることが出来ないという人々向けに、松山市は道後温泉本館と松山城の「バーチャル背景」の提供を開始した。
「バーチャル背景」とはオンラインでの会議や会食等で背景に使用できる画像。自宅等からの参加ではどうしても生活感が出てしまうため、自分の背景を様々な企業等が提供している好みの画像に変えることが出来るところが人気となっている。

提供するのはいずれも松山の観光の顔である道後温泉本館の特徴ある浴室や本館周辺。また松山城の季節ごとの写真など、全12点。画像はポニーキャニオンが運営する特集サイトでダウンロードすることが出来る。

重要文化財の道後温泉本館は明治の改築以来125年を経て、2019年1月15日から営業しながらの保存修理工事を行っている。現在、工事エリアは、建物を風雨から保護する素屋根(工事用仮設物)で覆われ、内部では文化財の修理に精通したスタッフの手により、壁紙や瓦、構造物の細部まで丁寧に修復し、明治の改築当時の建築経緯を調査し建物を将来へ大切に受け継ぐ保存修理工事が行われている。

重要文化財の公衆浴場を営業しながら保存修理工事するのは全国でも初めての取組。松山市では長年の議論の末、工事の希少性を観光戦略に活用できる営業しながらの工事を選択した。保存修理工事は令和6年末の完成を目指し、地元の人々に見守られながら続けられていく。
そんな保存修理工事の見学ができる「道後温泉本館保存修理工事見学会」は昨年大変人気となったが、今年度もまずは県内の方々を対象として実施することが決まった。

松山市では、「道後温泉本館」の保存修理工事を「日本文化の再生」の物語として捉え、手塚治虫のライフワークといえる『火の鳥』とコラボレーションし、期間中ならではの様々なコンテンツを制作し魅力を発信する「道後REBORNプロジェクト」を実施中。

『火の鳥』を「再生」のシンボルとして掲げ、手塚プロダクション自ら、『火の鳥』の新作といえるオリジナルアニメーション「火の鳥”道後温泉編”」(全3話)を制作。アニメと連動した、デジタルアートコンテンツの大手ネイキッドによる、本館北面へのプロジェクションマッピングも上映されている。

オリジナルアニメーション「火の鳥"道後温泉編"」は、プロローグ「大国主と少彦名」、第1話「聖徳太子、来浴」に続き、現在、明治時代、松山が生んだ俳人・正岡子規とその親友・夏目漱石の友情のエピソードを描いた第2話「子規と漱石」までがYouTubeで公開中。

また、本館プロジェクションマッピング「道後温泉×ネイキッド MESSAGE -子規と漱石-」は、アニメの登場人物が登場する他、松山市駅と道後温泉駅を結ぶ「坊っちゃん列車」が走り抜けるシーンもある等、地域の特色を織り込んだ作品となっている。今回提供された「バーチャル背景」にはそんなプロジェクションマッピングのシーンも含まれている。

今回「バーチャル背景」を提供しているポニーキャニオンの地域活性化事業のサイトでは、観光地の魅力をバーチャルで発信しようと、全国各地の117の自治体等から約400枚以上の画像が寄せられ、無料でダウンロードできるようになっている。

県境を越えての移動の制限が6月19日(金曜日)から解除されたものの、直ちに観光に出かけることには慎重になる人が多いだろう。
松山市でも、まずは県内観光振興に重点的に取り組むこととしている。今後は、政府の「GoToキャンペーン」による観光支援も実施されると報じられており、松山・道後温泉を訪れることができる日を待ち望む人も多いだろう。

また、「新たな生活様式」の中で、オンラインでのコミュニケーションもさらに増えていくことが予想される。観光地の「バーチャル背景」で、出身地や思い出の場所の画像を使用して場を盛り上げたり、ちょっとした旅行気分を味わうのはいかがだろうか。

*手塚治虫・手塚プロダクションの「塚」の字は旧字が正式表記となる。
(C)TEZUKA PRODUCTIONS