おためしコスメナビ

シリーズ累計10億枚突破したNo.1フェイスマスクブランド「ルルルン」から、シリーズ初となる化粧水が誕生! さらりとした使い心地の『ルルルンローション クリア』としっとり高保湿タイプの『ルルルンローション モイスト』の2種類で、顔にも体にもたっぷり使える大容量サイズ。今回は、それぞれの気になる使い心地をひと足先にレポートしてみた!

No.1フェイスマスクブランド「ルルルン」から待望の化粧水が誕生!

株式会社グライド・エンタープライズ(東京都渋谷区)の「ルルルン」は、2011年の誕生から昨年の3月までにシリーズ累計売上10億枚を突破した、大人気のフェイスマスクブランド。

『ルルルンローション クリア』と『ルルルンローション モイスト』のボトル

そんなルルルンが、フェイスマスクとの合わせ使いでより肌力アップ、フェイスマスクを毎日使わない女性でもフェイスマスクを使ったかのような「ごきげん」な肌を叶えてほしい、との思いを込めて毎日たっぷり使える化粧水『ルルルンローション』を開発。

『ルルルンローション』は、肌の水分量の要、肌内部のタイトジャンクションに着目。細胞同士をジップロックのように密着させるタイトジャンクションを強化することで、バリア機能を高め、乾燥や外的刺激にも負けない強い肌を目指すことができる。

2種類の化粧水の特徴をそれぞれ紹介していこう!

『ルルルンローション クリア』の透明なボトル

『ルルルンローション クリア』(500ml・希望小売価格 税抜1,200円・2020年6月15日WEB先行発売/7月1日店頭発売)は、肌バランスを整えて、さらりとうるおす化粧水。

『ルルルンローション クリア』のボトル裏面

本製品誕生の背景にあったのが、保湿だけでは解消できない「乾燥スパイラル」。ただ水分を与えるだけでなく、水分をキープするための土台づくりが大切だと考え、生まれた化粧水なのだ。

肌リズムを整え、ヘルシーな肌へと導く「リズムペプチド」、過剰な皮脂分泌によるニキビやテカリ、皮脂バランスを整え、つるんとした素肌へと導く「レモンマートルエキス」、肌表面の常在菌バランスを整え、なめらかな透明美肌へと導く「保湿型アミノ酸誘導体」など3つの整肌、保湿成分を配合。

『ルルルンローション クリア』のボトルのアップ

そのほか、肌のバリア機能を高めるビタミンDのような働きをする「シャクヤク花エキス」も配合し、うるおった、テカリの気にならないサラっとクリアな印象の肌に導いてくれるという。

黒いキャップがついた『ルルルンローション モイスト』のボトル

もうひとつの『ルルルンローション モイスト』(500ml・希望小売価格 税抜1,200円・2020年6月15日WEB先行発売/7月1日店頭発売)は、しっとり肌になじんで、乾燥しがちな肌にうるおいを与えてくれる高保湿タイプの化粧水。

『ルルルンローション モイスト』のボトル裏面

クリアタイプとの共通成分、肌のバリア機能を強化する「シャクヤク花エキス」と生活リズムの乱れによる影響を受けた肌を健やかに整える「リズムペプチド」に加え、ヒアルロン酸の約2倍の保湿力を持つ「リピジュア」、干ばつにも耐えうると言われるジャノヒゲ根由来の成分「ジャノヒゲ根エキス」の2つの高保湿成分を配合。

「MOIST」と書かれた『ルルルンローション モイスト』のボトル

『ルルルンローション クリア』『ルルルンローション モイスト』ともに、毎日惜しみなくたっぷり使える500mlの大容量サイズもうれしい!

『ルルルンローション クリア』 と『ルルルンローション モイスト』の透明なボトル

顔以外にデコルテや首、背中、ひじ、ひざなどボディケアとしても使うことも可能だ。

たっぷりパシャパシャ使える! 大容量タイプの化粧水2種をおためし

それでは、さっそく使ってみよう。

両手で持った『ルルルンローション クリア』のボトル

まずは、『ルルルンローション クリア』から。

『ルルルンローション クリア』のローションを手のひらに出す様子

使用量の目安は、500円玉大くらい。乾燥が気になるときは、重ねづけするのがおすすめ。

手のひらに出した『ルルルンローション クリア』のローション

ローションのテクスチャーは、さらりとしていてみずみずしい。

顔全体に塗り広げると、角層のすみずみまでうるおいがしみ込んでゆく感覚!

さっぱりとした使い心地ながら、肌内部にはうるおいが補給されている感じ。日焼け後のスキンケアにもぴったりだと感じた。夏場は冷蔵庫で冷やして使うのも気持ちよさそうだ!

モイストタイプの使用感は……?

両手で持った『ルルルンローション モイスト』のボトル

続いて、『ルルルンローション モイスト』をおためし。

手のひらに『ルルルンローション モイスト』のローションを出す様子

こちらも、大容量なのでたっぷりと惜しみなく使ってみよう。

指先に『ルルルンローション モイスト』のローションを取る様子

テクスチャーは、クリアタイプに比べるとややとろっとしていて濃密。

『ルルルンローション モイスト』をなじませた手の甲

こちらも肌への浸透力がとても高く、塗った瞬間から化粧水がグングン吸収されていくのが実感できた。高保湿タイプとはいえ、肌表面はさらっとしてベタつかないのがうれしい!

両手で顔を包み込む様子

数回重ねづけしたあと、手のひらで包み込むようにあたためるとより効果的とのこと。実際に試してみると、確かに肌への浸透力が格段にアップし、手に吸いつくようなもっちり感が実感できた。

『ルルルンローション モイスト』をしみ込ませた後の顔

肌にうるおいが補給されたおかげで、気になる毛穴も目立たなくなり、つるんとした印象の肌に。重ねづけするほどに保湿力がアップするため、夏場は1~2回塗り、乾燥しやすい秋~冬にかけては3~4回重ねる、など季節やその日の肌の状態と相談しながら調節するのがおすすめだ。

両手の間に置かれた『ルルルンローション クリア』と『ルルルンローション モイスト』

実際に2種類の『ルルルンローション』を使ってみて感じたのは、使い勝手の良さ。顔から体までこれ1本でケアできるのは、ズボラな記者にとっては大変ありがたく感じた。

普段の2倍の量の化粧水をたっぷり使って肌の水分量が補われたおかげか、気になっていた肌のかゆみや赤みが落ち着いていたのにも驚いた。いくらケアしても乾燥や肌荒れが良くならない、とお悩みの方はぜひ本品を惜しみなく使って、肌の水分補給に力を入れてみてほしい。

夏のケアにこれ1本! ルルルン初の化粧水は2020年6月15日よりWEB先行発売、7月1日より店頭発売

『ルルルンローション』は、たっぷり惜しみなく使える大容量タイプで、デイリー使いにぴったりの化粧水。お風呂上りや日焼け後の肌のクールダウンとしても◎。暑くなるこれからの時期に1本持っておきたいアイテムだと感じた。

乾燥にお悩みの方はモイストタイプ、乾燥とともにべたつき、テカリも気になるという方はクリアタイプがおすすめ。

顔の横に『ルルルンローション クリア』と『ルルルンローション モイスト』のボトルを持つ女性

商品の購入は、公式オンラインストアやバラエティショップなどから。2020年6月15日より公式オンラインストアにて先行発売中のため、お求めの方はチェックしてみて。