6月7日、コスプレイヤーのえなこがメインパーソナリティを務める『えなこの◯◯ラジオ』(文化放送)の136回目が放送された。番組内では、CDや舞台などマルチに展開する『DIABOLIK LOVERS』のゲームにハマっている理由を明かした。

  • えなこの◯◯ラジオ(@enaradi_oo)

サディスティックな吸血鬼とヒロインの恋愛模様を描いた作品『DIABOLIK LOVERS』を自粛中にプレイしていたというえなこ。中でも、主人公たちの一人である逆巻アヤトを推しているそうで、スマートフォンの待ち受けにも設定しているそう。

以前、同番組の中で異性と付き合うならどんな人がいいかという問いにえなこは「絶対服従」を挙げていた。アシスタントパーソナリティーの青木佑磨は「いいんですかドSで?」と質問すると、えなこは「私がエサなんで。私は彼らより下等な生き物なので」と返答。これを聞いた青木は笑いながら「(絶対服従は)あくまで人同士の話しだったんですね」と、吸血鬼と人間では条件が当てはまらないと補足していた。

『えなこの◯◯ラジオ』は、コスプレイヤーえなこと、楽曲プロデュースやミュージシャンとして活動する青木佑磨がパーソナリティを務めるラジオ番組。136回目の放送となる今回は「えなこのエサラジオ」回となった。

●えなこギャラリー