小林薫、風間トオル、田中聡元ほか

小林薫が主演を務めたドラマ『深夜食堂』のシーズン1(MBS、毎週日曜24:50~/TBS、毎週火曜25:28~)が特別放送中。MBSで6月7日、TBSで6月9日に放送される第4話「ポテトサラダ」には、風間トオルが登場する。

同ドラマの原作は、安倍夜郎の「深夜食堂」(小学館 ビッグコミックオリジナル)。国民的「食」コミックともいわれる本作は、2009年に初ドラマ化されて以降、シリーズものに。映画化や海外でのリメイク版も制作され、人気を集めた。

深夜0時から朝の7時ごろまで営業している、繁華街の路地裏にひっそりと佇む “めしや”を舞台に、マスター(小林)と、性別も年齢も境遇も異なったさまざまな客のカウンター越しに生まれる小さなドラマを描く。

<第4話あらすじ>
深夜の食堂でマスターが最初に作るのは、ポテトサラダとマカロニサラダ。近頃たまに来るようになった男(風間)がいつも注文するのもポテトサラダだった。店で食事をしていた若者・田中(田中聡元)は、男が伝説のカリスマ男優・エレクト大木だと知り、その場で弟子入りを志願。困った表情の大木だったが、若者の一途さに押し切られる形で師弟の関係になった。

ある夜、デビューを明日に控えた田中のもとに電話が。田舎の母親が倒れたのだ。軽い脳梗塞ということで気楽にかまえていた田中に、大木は激怒。そこには彼なりの深い理由があった……。