リリー・フランキー&黒住光、“同い年”ブラピ&タランティーノの魅力が凝縮した「ワンハリ」を語る
リリー・フランキーが“スナックの店主”をつとめる、TOKYO FMの番組「リリー・フランキー『スナック ラジオ』」。土曜日の夕方、ラジオの電波に乗ってオープンします。ときに香ばしく、ときに甘酸っぱく、ときにほろ苦く……そんな、スナックにぴったりなトークを繰り広げます。5月30日(土)は、店主の同級生であり、脚本家で映画評論家の黒住光さんをゲストにお迎えしました。


(上段左から)BABI、リリー・フランキー、(下段)黒住光さん


◆「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」の魅力
リリー:BABIはディカプリオが好きなわけじゃないですか。ディカプリオといえば、最近のディカプリオの傑作は、あれじゃないですか?

黒住:「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」。

BABI:最高だった。

リリー:あれは最高。「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」は、多分、Amazonプライム・ビデオとかに入っているのでぜひ、おうちにいる期間に観てほしいですよね。……俺、初めてディカプリオを“兄貴”とちょっと呼びたくなる映画でしたね。

黒住:あれは本当に質の高い映画であると同時に、俺たちの好きなものがギュッと詰まっているしね。

リリー:あと、ブラッド・ピットと監督のタランティーノが、僕と黒住先生と同い年なんですよ。

BABI:56歳?

リリー:そう。同い年なのに、ブラピはこんなにかっこいいとか、同い年なのにタランティーノは、こんなにエネルギッシュ……とか。そうなってくると、「これはちょっと自分も老けていられないな」って思わせてくれる。

何よりもこの映画をおすすめするのは、アメリカの芸能史のなかでは、1番みんなの傷になっているというか、悲しい「シャロン・テート事件」というのがテーマになっているんですけど。映画を観る前には、このシャロン・テート事件をウィキペディアで1度調べてもらってから観たほうがいい。

シャロン・テート事件がテーマになっているということで、すごく陰惨な映画かと思ったら、タランティーノがファンタジーにしてくれるんですよね……超感動しました。

黒住:タランティーノにそういう面があったんだ!? ってね。

◆一点の曇りもないくらいに“ゲスい本”とは?
リリー:そのシャロン・テートの役をやっているのが、俺と黒住先生が大好きなマーゴット・ロビーなんですよ。例えばディカプリオでいえば、「ウルフ・オブ・ウォールストリート」。あれもマーゴット・ロビーが脱いでいますから。黒住先生が昔、映画の本を出してらっしゃって。本のタイトルが何でしたっけ?

黒住:「裸のシネマ」(「裸のシネマ400選―あの女優のヌードは、このビデオで!」)という、どの女優がどの映画で脱いでいるかをリスト化した本で。まだネットが普及していなかった時代だから。

リリー:本当に一点の曇りもないくらいに“ゲスい本”ですよね(笑)。

黒住:そうですよ。ヌードというからには、「乳首が出ている時間が何秒か?」というのをカウントしてデータ化しましたからね(笑)。

BABI:すごい(笑)。

黒住:本当に何も教養がないもんね、あれ。

リリー:(笑)。でも久しぶりに黒住先生にいろいろ映画のことを教わりましたね、今日は。

黒住:全然教えていないけどね(笑)。

6月6日(土)の放送はバイトのAKB48峯岸みなみさんとBABIさんで開店。どうぞお楽しみに!

▶▶この日の閉店後トークを「JFN PARK」でチェック!

<番組概要>
番組名:リリー・フランキー「スナック ラジオ」
放送日時:毎週土曜 16:00~16:55
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/snack/