初写真集と初スタイルブックが発売された久間田琳加さん

 女性ファッション誌「Seventeen(セブンティーン)」(集英社)の専属モデルとして、10代に人気の久間田琳加(くまだ・りんか)さん(19)の初写真集「りんくまちっく」(同)と初スタイルブック「りんくまがじん」(同)が6月5日に発売された。写真集は久間田さんをモデルとしてではなく、「19歳の少女」としてありのまま記録した一冊。男性目線のアングルやシチュエーションにも挑戦し、「(撮影は)新鮮でした」と振り返る。また「自分で見るのも恥ずかしいくらい素の表情が多い」という写真集について、久間田さんに話を聞いた。

 ◇

 写真集は週刊誌「週刊プレイボーイ」(同)の編集で、沖縄の石垣島、波照間島、竹富島を舞台に撮影され、久間田さんの無邪気な笑顔やおどけた表情などを収録。無防備な歯磨きショットもある。久間田さんは「雑誌のモデルをやっているときはもっとビューティー寄りというか、作っているカットが多いんですけど。今回はまた違った方向性の撮影で、アングルやシチュエーションも、いわゆる男性目線(笑い)。撮られ方も普段とは違っていて、それが逆に新鮮でした」と笑顔を見せる。

 また「撮られる」ことに関して「発見尽くし」の撮影でもあったといい、「私って、こんな笑い方するんだ」と本人も驚くほどの素の笑顔も披露。「小学校6年からモデルを始めて、もう7年になるんですけど、おうちでリラックスしているようなカット、ゆるっとした感じのファッション、より実生活に近い感じで撮られるのが初めてだったので、そういった意味でも新境地です!」とアピールする。

 普段暮らす東京を離れて、沖縄での撮影により「気持ちもよりクリーンになりながら、本当に伸び伸びできました」と手応えを明かす久間田さん。現地での思い出を聞くと、「撮影の最後の方で竹富島に行ったんですけど。そこがすごく楽しくって。昔からあるまま残っているおうちとか、建物の高さとかも東京とは違っていて、おとぎ話の世界に迷い込んでしまった感じがして、楽しかったです」とにっこり。その楽しさは写真集の中に、素の表情として表れていて、「だから本当に恥ずかしくて、もう序盤から。今まで見せてない顔がかなり入っているので」と最後まで照れていた。

 ◇

 一方、初スタイルブック「りんくまがじん」は、久間田さんが“新世代のビューティーアイコン”として、メークやスキンケア、ボディーメークなどを紹介。アートな写真もあり、「モデル・久間田琳加」としての“美”へのこだわりを形にした。

 久間田さんが現在ホームグラウンドとする雑誌「Seventeen」と言えば、北川景子さん、榮倉奈々さん、波瑠さん、中条あやみさん、三吉彩花さん、広瀬すずさん、永野芽郁さんら人気女優を輩出してきた、いわば「登竜門」。

 久間田さん自身、在籍3年となったが、「(専属モデルとしての日々が)すごく楽しくて。『Seventeen』は“第二の家”というか、すごく気持ちが落ち着く場所。後輩もたくさん入ってきて、年齢的に上から数えた方が早くなってしまって、本当にびっくりなんですけど(笑い)。今はこの場所を大切にしたいって思いが強くて。世代問わず、皆さんに仲良くしてもらっていて、撮影が本当に楽しいです」と充実感をにじませる。

 今年2月で19歳となり、20代に向けて新しいステップへと進む時期に差し掛かりつつあるが、「先輩がどんどんと羽ばたいていく姿を見てきたので、いつか自分も卒業するんだろうなって思ったりもするんですけど。でも、1学年上に横田真悠さん、大友花恋さんがいて、まだまだ甘えていたいなっていうのもあって……。ただ、後輩を引っ張っていかなくてはいけない立場にもなりつつあるので、そこの心構えはしっかりと持たないといけないなって思っていますし、好奇心が強いので、モデルだけじゃなく、テレビのお仕事や女優業もマルチにこなせるようになれたらなって思っています」と目を輝かせていた。