明石家さんまとゲストのはじめしゃちょー、渡辺直美、さだまさし、野田クリスタル

『さんまのまんま35周年SP』(カンテレ・フジテレビ系)が、6月19日(金)21時から放送される。動画クリエイターでYouTubeチャンネル登録者数日本一のはじめしゃちょー、女性お笑い芸人の渡辺直美、シンガー・ソングライターのさだまさし、『R-1ぐらんぷり2020』王者・野田クリスタルが出演する。

明石家さんまと初共演のはじめしゃちょーは、渡辺に合流する形で登場した。27歳になって結婚欲が出てきたと心境の変化を語るが、今は彼女がいないという。そんなはじめしゃちょーに、さんまが好きな女性有名人を聞くと、名前を出すのを極度に怖がられ……。渡辺が「今は(YouTubeではなく)テレビだし。好きな人は?」と問い詰めると、「誰や? ヒントは? イニシャルは? 職種は?」とさんまも質問攻め。しかし、出てきた予想外の名前にさんまも思わず「ウソッ!」と叫んでしまう。果たして、その有名人とは?

さんまとの初共演を終えたはじめしゃちょーは、「お会いできて、お話できて楽しかった」と、ニッコリ。これまで抱いていたさんまへの印象と、実際に会った感想を聞くと、「テレビ見ているとおりでした。予期しない話の掘り方で、話すつもりは無かったことをベラベラ出してしまいました」とした上で、「初対面だったので最初は緊張しましたけど、すごくやりやすかったです」と、明かした。もしYouTubeでさんまをゲストで迎えるとしたらどんな形にするかを尋ねたところ、「自宅にお招きして、しゃべっていたいですね。『はじめしゃちょーのまんま』ではないですけど。多くは求めず、しゃべりたい」と、“740人だるまさんが転んだ”でギネス世界記録を達成するなど、数々の企画で若年層から圧倒的な支持を得ているはじめしゃちょーらしからぬ、意外な答えが返ってきた。

一方、3年ぶりの出演となった渡辺は、さんまとの食事会のとき、LINE交換したエピソードを披露。さんまから届くLINEの文章にはある特徴があるといい、「めちゃくちゃ怖い! 圧が強い!」と明かす。さんまを赤面させた“クセが強いLINE”とは一体!?

収録後、渡辺は「お土産をすごく喜んでくださったのが、めちゃくちゃうれしかったです」と手応えを感じた様子。はじめしゃちょーとの共演については「背が高くてイケメン」と好印象だったとし、「今のエンタメ界に、ちょっと切り込みを入れたといいますか、テレビとYouTubeの話をすることってないので、さんまさんと、はじめしゃちょーがしゃべるところが見どころだと思います」と語った。

14年ぶりに出演したさだは、名曲「雨やどり」をいまだに口ずさむというさんまの言葉にご機嫌な様子。そんな中、さんまがドラマ『北の国から』主題歌のモノマネを出来ると伝えると、さだは「やりましょう!」とギターを手に取る。さんまとさだによる激レアコラボが実現! と思いきや、まさかの展開に大盛り上がりとなる。

野田はさんまと初共演。自作ゲームネタでR-1チャンピオンに登りつめた持ち味を活かし、今回、憧れのさんまのゲームを作って殴り込み! 新作ゲーム「さんまの大冒険」をプレイしたさんまは、そのシュールな内容に大爆笑しながら「これ作れるのか、スゴイな!」と太鼓判を押す。