連続ドラマ「ごくせん」のロゴ画像=日本テレビ提供

 2002年に放送された女優の仲間由紀恵さん主演の連続ドラマ「ごくせん」(日本テレビ系)の特別編「ごくせん2002特別編」第1話が、6月3日に放送された。松本潤さん演じる不良グループのリーダー・沢田慎の登場に、視聴者は「慎ちゃ~~~ん!!!」「沢田慎おかえり」「きたきたきた~!」「待ってたよーーー!」と大興奮だった。

 ドラマは、森本梢子さんの同名マンガが原作で、仲間さん演じる熱血高校教師の“ヤンクミ”こと山口久美子が、自身の受け持った不良生徒たちと絆を深めていく姿を描いた人気学園ドラマ。2002、2005、2008年と3シリーズやスペシャルドラマが放送され、2009年には映画化もされた。

 第1話は、白金学院高校に赴任した山口久美子(仲間さん)が、問題児ばかりをかかえた3年D組を担任することになる。教室に入ると、予想通り生徒たちの手荒い“歓迎”を受ける。そんな不良グループのリーダーは、教師を殴って前の学校を退学になったという沢田慎(松本さん)。取り巻きに、内山(小栗旬さん)、南(石垣佑磨さん)、野田(成宮寛貴さん)、熊井(脇知弘さん)といった連中がいる。

 ある日、教頭の猿渡(生瀬勝久さん)が管理していた模擬試験の受講料50万円が紛失し、猿渡は3年D組の生徒の犯行だと決めつける。集金袋らしきものを持って繁華街をうろついていたという証言から、熊井が疑われるが……というストーリー。

 SNSでは、慎が登場する度に「慎ちゃんかっこいい」「沢田慎がイケメンすぎる」「圧倒的存在感」「惚れた」と大盛り上がり。また、当時18歳だった松本さんに対し「松潤容姿変わってないのすごーい!」「色気がスゴイ18歳の松本潤」「18歳だなんて信じられない…」といった声も上がり、ツイッターでは「#沢田慎」「#松本潤」がトレンド入りした。