『八男』第10話あらすじ公開! 実家に戻ったヴェルを待っていたのは…。

4月より放送中のTVアニメ『八男って、それはないでしょう!』の第10話あらすじ、先行カットが公開となった。

『八男って、それはないでしょう!』は、シリーズ累計250万部突破のY.A(著)、藤ちょこ(イラスト)による人気小説を原作としたTVアニメ。毎週木曜TOKYO MXほかにて好評放送中だ。

第10話は6月4日(木)より放送開始。アンデッド浄化の依頼のため実家に戻ったヴェルを待っていたのは、敵意むき出しの長男クルトだった…。
あらすじ、先行カットはこちら!

<第10話 「クレーマーって、それはないでしょう!」>
ブライヒレーダー辺境伯から ”魔の森” に巣食うアンデッドの浄化を依頼され、思わぬ形で実家に戻ることになったヴェル。しかしそこで待っていたのは、敵意むき出しの長男・クルトの姿だった。依頼を済ませ、すぐに引き上げたいヴェルだったが、十分な説明も無いまま、実家に残るよう指示を受ける。

監督:三浦辰夫、シリーズ構成:宮本武史、脚本:宮本武史、絵コンテ:北村真咲、演出:山口美浩、総作画監督:萩原しょう子/反町司、作画監督:寿門堂、美術監督:松本浩樹、音響監督:菊池晃一、制作進行:岩井春奈/中村千尋

さらに同日に、パーソナリティ:西明日香(エリーゼ役)、三村ゆうな(ルイーゼ役)、ゲストに下野紘(エルヴィン役)が出演する生配信「はちなま」も実施決定! こちらも併せてチェックしよう。

(C)Y.A/MFブックス/『八男って、それはないでしょう!』製作委員会