「サブスクLIVE」ロゴ

音楽レーベル・LD&Kがライブ配信サブスクリプションサービス「サブスクLIVE」を7月に立ち上げる。

「SAVE THE LIVE」をテーマに立ち上げられたこのサービスは、提携のライブハウスおよびリモートで撮影したライブ映像を、スポーツ中継などを行う制作会社のディスクベリー・ドット・コムの機材とノウハウを活用し、「LINE LIVE プレミアムチャンネル」の機能を使って配信するもの。配信に関わる機材やオペレーター費用を来年3月まで事務局が負担し、売上は提携ライブハウスに分配される。

提携ライブハウスには拠点となる神奈川・1000 CLUBをはじめ、LD&Kが運営する東京のCHELSEA HOTEL、渋谷Star Lounge、Club Malcolm、大阪のShangri-La、沖縄の桜坂セントラルが名を連ねており、今後も追加予定。月会費は580円で、LINE LIVEの機能の1つであるアイテムによるアーティストへのドネーションシステムも活用することができる。

大谷秀政(LD&K代表)コメント

実はサブスク配信の話はかなり以前から進めていました。しかしコロナ前はライブハウスの業績が好調で、現場が配信に余り興味を持ちませんでした。
奇しくもこのような事態になり、満を持して発表という運びになりました。
弊社で「打首獄門同好会」の無料配信ライブを行なった際、沢山の方からお礼のメールを頂きました。育児や介護、海外や地方在住など物理的な事情で実際のライブに来られない方々です。
私はその時、ライブ配信事業の需要に更なる確信を得ました。
私にはライブハウスはもとよりライブが無くなった世界を想像することが出来ません。しかしライブハウスの復活は、まだまだ先の話になります。
今回、極力ライブハウス側の負担にならない様、来年3月まで配信に関わる機材とオペレーターを当事務局が無償で支給し負担致します。
これはコロナ後にも長く継続するプロジェクトで、アーティスト及びライブ周辺全てに対する支援事業となります。
ライブは不滅です。ポジティブに進みます。よろしくお願い致します。