NEW YORK - JUNE 10:  Bats and batting weights lay in the on deck circle during the game between the New York Mets against the Philadelphia Phillies during their game on June 10, 2009 at Citi Field in the Flushing neighborhood of the Queens borough of New York City.  (Photo by Al Bello/Getty Images)

 本企画はNPB過去年度の打撃ベスト10を眺め、往事の野球を今の視点から振り返り楽しんでもらおうというものだ。ただベスト10は従来の打率ではなく、セイバーメトリクスにおける総合打撃指標wRAA(※1)を採用する。これはリーグ平均レベルの打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標だ。この視点で振り返ることで、実は過小評価されていた打者がわかるということもあるかもしれない。
 





1952年のパシフィックリーグ


チーム 試合 勝率 得点 失点 得失点差
南海  121 .633 594 420  174
毎日  120 .625 554 441  113
西鉄  120 .563 532 481  51
大映  121 .458 457 489  -32
阪急  108 .458 424 462  -38
東急  108 .454 453 509  -56
近鉄  108 .278 356 568  -212
 

 
 ランキングでは、飯島滋弥(大映)がwRAA43.0で6年ぶりにリーグトップに返り咲いた。打率.336で首位打者を獲得したほか、四球も多く獲得するスタイルは時代の先を行っており、出塁率.447は2番手の飯田徳治(南海)に5分の大差をつけている。
 
 上位の顔ぶれはあまり変わらないものの、この年のパ・リーグには興味深いスタッツが多く見られる。まず3位にランクインした深見安博(西鉄→東急)はこの年、史上唯一の2球団に所属した本塁打王となった。西鉄が大下弘(東急)獲得のため交換要員となった経緯があるが、はじき出された深見の方が本塁打王を獲得しているのは面白い。
 
 トップ10圏外で取り上げた甲斐友治(近鉄)はハワイ出身の選手である。前年の読売での与那嶺要らの成功もあり、ハワイから日系の選手を獲得する流行が生まれたようである。甲斐はこの年、その期待通りに.327と高打率をあげた。以降、読売に入団していたハワイ勢の向こうを張っていくかと思われたが、翌年はなぜか79試合の出場にとどまり、そのまま帰国してしまう。このあたりの事情も現代では確認できない。
 
 ほかにはこの年投手として規定投球回に達した五井孝蔵(近鉄)が打者としても125打席に立ち、打率.344をマークした。この頃はまだ投手・野手未分化の選手がいたが、そういった選手も減少しつつある時期である。五井は二刀流選手としてその時代の最後を締めくくるような活躍を見せた。ちなみに翌年の1953年、五井は投手としての登板がなく逆に規定打席の方をクリアしている。
 
 またこの年は、セントルイス・ブラウンズからレンタルで移籍していたジョン・ブリットン(阪急)が332打席と規定打席に達しながら9四球にとどまる怪記録をマークした。さらに翌1953年には、448打席に立ちながら驚愕の3四球にとどまった。これは歴代でも最も低いレベルの四球率で、のちの年度でもとりあげる鎌田実(阪神)の記録と双璧と言える。目立つ打撃記録を残して早期の米国球界復帰をもくろみ、焦るあまりに早打ちに出ていた、という話であれば面白いが、実はマイナー時代から相当な早打ちだったことがアメリカでのスタッツからもうかがえる。




1952年のセントラルリーグ


チーム 試合 勝率 得点 失点 得失点差
読売  120 .692 650 389  261
大阪  120 .664 600 400  200
名古屋 120 .636 569 430  139
大洋  120 .483 519 548  -29
国鉄  120 .417 410 526  -116
広島  120 .316 365 573  -208
松竹  120 .288 326 573  -247
 

 

 打率.353で首位打者を獲得した西沢道夫(名古屋)が総合打撃評価のwRAAでも47.1で初の1位となった。順位は変われども常連組が上位を占めている。順当なシーズンはあまり変わった結果は紹介できないものだが、このシーズンはwRAA45.3で2位の杉山悟(名古屋)が極めて珍しい記録を達成している。
 
 この年杉山は110安打を放っているが、内訳は単打49に対し長打61(二塁打29、三塁打5、本塁打27)。リーグ戦が100試合レベルになって以後初めて「単打<長打」を達成している。それも長打の方が12本も多いという異様な数字だ。このように記録を収集していると、年代や試合数、打率や安打や本塁打を見れば、総合打撃指標の値がどの程度になるか大体の想像がつくものだが、杉山については想像を超える奇妙な値となっている。
 
 全安打数に占める長打の割合は年によって動くが多くても3割を少し超える程度。そもそも安打というのは基本単打になるものだ。特に長打の少ないこの年は25%、ちなみに2019年のNPBで30.5%となっている。この長打超過12の記録はこの年代にはあり得ないオーパーツ的な記録である。
 
 後年、「長打>単打」を記録した第2号となる王貞治(読売)は、キャリアを通してこの記録を7回達成するが12本には届いていない(四球と本塁打ばかりだった印象がある)。ラルフ・ブライアント(近鉄)らの長打特化型でもこの記録には届かず、結局20世紀中は破られずに残ることとなった。2001年にスコット・マクレーン(西武)が長打超過15本を記録。杉山の記録は破られることになる。
 
 ちなみに2009年には中村剛也(西武)が長打超過29本という、現代の目で見ても驚愕の記録を残している。これはアンタッチャブルに近い記録だろう。中村はほかにも驚異的なスタッツがあり、長打に特化した才能は史上最高と見られる節が多々あるが、その件は当該年代の記事で扱いたい。
 
(※1)wRAA:リーグ平均レベル(0)の打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標。優れた成績で多くの打席をこなすことで値は大きくなる。
(※2)勝利換算:得点の単位で表されているwRAAをセイバーメトリクスの手法で勝利の単位に換算したもの。1勝に必要な得点数は、10×√(両チームのイニングあたりの得点)で求められる。
(※3)wOBA(weighted On-Base Average):1打席あたりの打撃貢献を総合的に評価する指標。
(※4)平均比:リーグ平均に比べwOBAがどれだけ優れているか、比で表したもの。
 
DELTA・道作
 
DELTA()
 2011年設立。セイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える デルタ・ベースボール・リポート1~3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクス・マガジン1・2』(DELTA刊)、メールマガジン『1.02 Weekly Report』などを通じ野球界への提言を行っている。集計・算出した守備指標UZRや総合評価指標WARなどのスタッツ、アナリストによる分析記事を公開する『1.02 Essence of Baseball』()も運営する。