アミューズのアーティストグッズEC「A!SMART」 はメディアの顔を持つ総合エンタメショップ

大手芸能プロダクションのアミューズは、運営するECサイトでアーティストグッズを中心とした商品を販売している。近年は取扱商品とともにサイト内コンテンツを拡充。メディアの側面を併せ持つ総合エンタメショップを目指して、取り組みを強化している。

「A!SMART」は、同社が2008年に開設したオンラインショップ。同社所属のアーティストを中心とした各種グッズの他に、独自にセレクトした日用雑貨や食品も販売している。

2017年11月にはサイトを全面リニューアル。「目当てのアーティストグッズだけでなく、新たなコンテンツや商品との出会いに活用できる場」(MD事業部・高橋由香里執行役員)を目指したと言う。

新サイトでは、連載記事などサイト内コンテンツを強化。取扱商品の魅力を提案型で発信し、「買うだけのサイト」から「買うことを楽しむサイト」へと転換を図った。

各記事の内容は、「生活のハウツーから、インタビュー記事、グッズ制作時のオフショットなどさまざま」(同)だと言う。
コンテンツとともに取扱商品の拡充も日々進み、現在の総数は「1万種を超える」(MD事業部・前川礼Eコマース事業室室長)と言う。


「A!SMART」のトップページ

新型コロナウイルスの拡大により、同社の主力事業である音楽ライブなどの興行が制限される中、「アスマート」では、「おうち時間withアーティストグッズ」などの特設ページを公開し、ファンとの接点を維持している。

「コンサートに行けないお客さまに、サイトを活用してもらっており、(チャネルとして)非常に可能性も感じている」(高橋執行役員)と語る。

「現在はフルスクラッチに近い構成」(前川室長)と言う同サイトには、ファンビジネスのプロである同社ならではの機能が目立つ。

サイト上部の商品検索窓には、現在の人気キーワードを上位3位まで表示。「トレンドや新商品の動きをユーザーが把握できるよう、更新は都度行っている」(同)と言う。

スマホサイトで表示されるナビゲーションメニュー内には、商品閲覧履歴を画像とともに表示している。「閲覧商品を再度確認するユーザーが多いというレポートを受け、最近実装した」(同)と背景を話す。

「ユーザーの利便性向上に向け、日々サイト機能は拡張している。アーティストとファンをつなぐ窓口として、今後も役割を果たしていきたい」(同)と語る。