6/11開始の『Disney+』より、配信に先駆けた日本版最新映像が続々到着!

ウォルト・ディズニー・ジャパンは、ついに日本でも2020年6月11日(木)からサービス開始となるディズニー公式動画配信サービス『Disney+(ディズニープラス)』で配信される、注目のディズニープラスオリジナル作品の見どころとラインアップを公開するとともに、日本語版の最新映像も初公開した。

主なラインアップは、昨年、国内でも大ヒットを記録した『トイ・ストーリー4』で人気となった ”フォーキー” や ”ボー・ピープ” が主人公のスピンオフ作『フォーキーのコレって何?』や『ボー・ピープはどこに?』。『スター・ウォーズ』からはシリーズ初の実写ドラマ『マンダロリアン』(全8話)。そして、日本でも熱狂的なファンを生んだテレビ映画『ハイスクール・ミュージカル』を、新たなメンバーでドラマシリーズ化した『ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル』(全10話)など。世界観はそのままに、新たな視点でその後を描いたファン待望のドラマシリーズが配信されていく。

また、『ディズニープラス』では、ディズニーの王道である名作アニメーションの実写化作品も楽しめる。これまでも『アラジン』や『美女と野獣』、『シンデレラ』ほか、数々の作品を実写化し、新たなる名作として見事に蘇らせてきたディズニーが、今回『ディズニープラス』のために製作したのが『わんわん物語』だ。2匹の犬が1本のスパゲッティを食べるキスシーンと言えば、知っている方も多いのではないだろうか。

そのほか、『ディズニープラス』のために作られた長編作品の豪華さも注目ポイントのひとつ。
名優ウィレム・デフォーが主演し、一人の男と犬ぞりリーダー犬・トーゴーの命をかけた、実話に基づく冒険を描いた号泣必至の感動アドベンチャー大作『トーゴー』や、ポートランドで探偵事務所を営む11歳の少年、ティミー・フェイリアーと、相棒のホッキョクグマ・トータルが事件解決に向けて奮闘するキッズアドベンチャー作品『名探偵ティミー』、ティーン向けベストセラー小説を映像化した『スターガール』など、劇場公開作品に引けを取らない豪華な長編作品がずらりと勢ぞろいしている。

さらに、普段は決してカメラが入れないディズニーの舞台裏を大公開できるのは、ディズニー公式動画配信サービスだからできることと言えるだろう。世界中にディズニーパークを建設するまでの、ウォルト・ディズニー・イマジニアリングの知られざる舞台裏を初公開しディズニー67年の歴史を紐解く『イマジニアリング~夢を形にする人々』(全6話)をはじめ、映画・テーマパーク・リゾート・音楽・グッズなど様々な分野の、これまで見たことのないウォルト・ディズニー・カンパニーの裏側を紹介する『ディズニーの舞台裏』(全24話)や、『スター・ウォーズ』初の実写ドラマの制作秘話を様々な角度から明らかにする『ディズニー・ギャラリー/スター・ウォーズ:マンダロリアン』(全8話)、ディズニー映画で使用された小道具をテーマにしたドキュメンタリー『ディズニー・プロップ・カルチャー』(全8話)などをお届け。
ディズニーマジックの秘密を存分に楽しもう!

◆注目の【本邦初公開】日本語版最新映像を一挙に4本大公開!

▲『ディズニープラス』オリジナル作品の魅力が詰まった映像


▲期待高まるマーベルオリジナルドラマシリーズラインアップ映像


▲『マンダロリアン』の制作秘話が語られる『ディズニー・ギャラリー/スター・ウォーズ:マンダロリアン』の日本版予告編


▲『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズファイナル・シーズン』日本版予告編

そのほか、詳しいラインナップは公式サイトにて確認することができる。

『わんわん物語』(実写版)(C) 2020 Disney
『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ ファイナル・シーズン』(C) 2020 Lucasfilm Ltd.
『フォーキーのコレって何?』(C) 2020 Disney/Pixar
『名探偵ティミー』(C) 2020 Disney
6月11日(木)よりディズニープラスで配信予定