「ポストミニバン」で人気!プジョー 5008に上質な特別仕様車が登場

プジョーのSUV 5008の特別仕様車としてSUV プジョー 5008 クロスシティ BlueHDiが発売された。

5008は、新世代プジョーのさきがけとなるSUVとして3008とともに日本国内のプジョーの販 売を牽引する存在となっている。702リッターのクラストップレベルのラゲッジ容量やフレキシブルに活用できる格納式3列シートを備えており、近年ミニバンからの移行も含めて注目度の高いジャンルである7人乗りSUVの有力モデルとして確固たる人気を誇っているのだ。

今回発売される特別仕様車SUV プジョー 5008 クロスシティ BlueHDiは、街とオフロードの両方でより上質なドライビングを楽しめることをコンセプトとして機能と装備を充実させたモデルである。人気のDW10型2.0リッター クリーンディーゼルに電子制御 8段オートマチックトランス ミッションのパワートレーンに、アドバンスドグリップコントロール(ヒルディセントコントロール付)を加え、悪路走破性をさらに高めている。

また、アルカンターラ&テップレザーシート(運転席電動シート&マルチポイントランバーサポート、フロントシートヒーター付き)、グリーン系ステッチを施したインテリア、アルミペダル、フロントドアステップガー ド、ハンズフリー電動テールゲートなどを装備。さらに、人気のオプションであるパノラミックサンルーフも標準装備とされている。





とくに、今回特別装備となる上級シート導入は、8段化された5008 GT BlueHDi時に導入された「ファーストクラスパッケージ」が販売の半数を超える支持を受けていることから、フランス車ならではの高品位なシートへの要望に応えるため設定されたそうだ。これら特別装備を施すことにより、ポストミニバンとして昨今注目度の高い7人乗りSUVマーケットにおいて、さらに幅広いユーザーの獲得を目指すという。なお、ボディカラーはアルタンス・グレー、パール・ホワイト、エメラルド・クリ スタル、ビアンカ・ホワイトの4色展開となる。価格は504万9000円(税込)。

なお、6月13日(土)14(日)には、全国プジョー正規ディーラーにて統一フェアが開催される。