【ECソリューションマップ2020〈CRM編〉】「Synergy!」事業者と一緒に課題分析、運用者の人的支援も

CRM支援のシナジーマーケティングは、クラウド型CRMシステム「Synergy!(シナジー)」を提供している。通販・EC事業者など累計約2400社に導入されている。

コロナ禍において、「新規顧客の拡大よりも、既存顧客の引き上げを課題とする事業者が多い印象」(岡村雄太取締役)としている。

シナジーマーケティングは、通常の顧客分析だけでなく、「Synergy!」を運用する事業者が気付いていない課題を分析し、施策の提案を行う。

「ユーザーがECサイトを訪問してすぐにメルマガの会員登録を促すのではなく、商品をカートに入れたときに促し、登録しやすいタイミングなどを提案している。CRMツールは使いこなせない事業者も多いことから、人員の支援など、アウトソーシングも提供している」(同)。

同社が公開している導入事例によると、食器通販を手掛ける鳴海製陶は、「Synergy!」の導入により、メルマガによるコンバージョン率が約10倍に、リピート購買率が約20倍に伸長したとしている。