年金支給日と、年金生活における家計管理の注意点について説明します。年金支給は2カ月に1回、ボーナスはないなどサラリーマンだった人には何かと勝手が違ってきます。家計管理で注意して欲しい点をまとめました。

◆公的年金支給日は、偶数月(2・4・6・8・10・12月)の15日
公的年金の支給日は、偶数月(2・4・6・8・10・12月)の15日です。前月と前々月の2カ月分(年金額の6分の1の金額)を、指定した金融機関の口座に振り込んでくれます。15日は金融機関がお休みだった場合は、支給日は前日の14日に前倒しされます。

年金の支給は、どうして2カ月ごとの年6回なのでしょうか?

理由は定かではありませんが、事務手数料を抑えるためが有力だそうです。今の年6回支給に変更されたのは約30年前のことで、それまでは年3~4回だったそうです。変更理由は「年金受給者のサービスの改善を図るため」でした。

サラリーマンだった人は、月1回の給料・1カ月単位で家計管理をしているので、年金生活に入ると勝手が変わってきます。そこで、年金生活に入った直後の家計管理で注意して欲しい点を3つあげました。

◆注意その1:2カ月に1回の年金でやりくりする必要がある
年金の支給が2カ月に1回になると、家計のやりくりのペースが変わります。

それまでの1カ月単位のやりくりを2カ月単位に長くするか、または、半分の年金で1カ月ずつやりくりするかのどちらかの方法で管理することになります。

どちらかというと後者の方法の方がいいかもしれません。やりくり期間が2カ月と長くなると、つい前半で使い過ぎてしまうことが多いからです。

どちらの方法でも、自分に合ったやりくり法を試行錯誤しながら確立していくことになります。

◆注意その2:ボーナスはない!
サラリーマンは、基本的に年2回、ボーナスをもらえます。それで、毎月の生活費の不足分を補ったり、ちょっと高額な買い物やレジャー費用に充てたりしていたでしょう。

しかし、年金生活になると、当然のことながら、ボーナスはなくなります。ボーナスをあてにしたやりくりをしていた人は、それができなくなります。

年金生活に入る数年前から、ボーナスは丸ごと貯蓄できるくらいのボーナスに依存しない訓練をしておくといいでしょう。

◆注意その3:退職金をもらって気を大きくしない!
退職金というまとまったお金をもらうと、つい気が大きくなってしまい、今まで我慢していた高額なモノを買ってしまったり、趣味にお金をかけてしまったりすることがあります。

年金生活に入るまでに十分な貯蓄ができなかった人にとっては、退職金は最後の砦です。なるべく減らさないようにしましょう。

文=小川 千尋