アメリカでも1台購入! 必要なパーツを日本へ送り組み上げる|76年式 日産 フェアレディZ-T S31 Vol.2

田原和典さんのガレージには3台のフェアレディZが並んでいる。フェアレディZは学生時代の愛車だった。

再びオーナーになると、S30、S31、S130と各世代のZを揃えたくなってしまったという。3台のなかでも目を引くのが78年式S31フェアレディZ。5マイルバンパーを装着し、北米仕様のダットサン280Zそのもの。

しかし、ステアリングが右側にある。違和感を感じさせない完ぺきな北米仕様のスタイリングに驚く。その素性を聞くと、

「ベースはノーマルのZ-Tでした。そのまま乗っていてもよかったのですが、ほかにもZがあるので、1台ぐらいは珍しいクルマもいいかな思いまして、右ハンドルの280Z仕様を造りました。造るからには完ぺきにしたかったので、かなり手をいれました。誰が見ても、「280Zと違う」なんて個所を残したくありませんでした。唯一、ステアリングの位置だけが違うクルマを造りたかったんです」と答えてくれた。


 北米仕様と国内仕様はバンパーの違い以外にも異なる個所がたくさんある。
その一つひとつを確認しながらクルマを造るには、北米仕様Zを並べて、カスタムするぐらいでないと難しい。

そこで、パーツ取りともなる280Zを現地で購入してしまったという。北米在住の友人の元に置いて、仕様の違いなどを追求。パーツを外して、日本へ送って、カスタマイズが進められた。

関連記事:あえてJDM化け北米仕様280Zを作ったオーナー|76年式 日産 フェアレディZ-T S31 Vol.3


S31の登場と同時に、最上級グレードとなるZ-Tが設定された。



左ハンドル用なので、助手席側に付くバニティミラーが運転席側にある。



280Zだけに装着されたタイヤハウス内のカバー。レアアイテムだが、やっとのことで入手。



存在しない右側ドアミラーは新たに造られた。ミラーは汎用を使用し、内部機構はカプチーノのものを流用。



ステップカバーには「DATSUN」の文字。



テールランプのレンズは国内仕様となっている。当時、現地ではやった日本仕様モディファイを再現した。バンパーは社外品だが純正とまったく同じ形。


掲載:ノスタルジックヒーロー2010年10月号 Vol.141(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)