窪田正孝、中村蒼、古田新太

窪田正孝が主演、二階堂ふみがヒロインを務める『連続テレビ小説 エール』(NHK総合、毎週月〜土曜8:00〜)。6月1日からは、第10週「響きあう夢」が始まる。

連続テレビ小説第102作目となる本作は、昭和という激動の時代に、人々の心に寄り添う曲の数々を生み出した作曲家・古山裕一(窪田)とその妻・関内音(二階堂)の物語を描く。

音楽学校の記念公演に向けて、「椿姫」の稽古がはじまった。東京帝国音楽学校の声楽科の生徒でイバルの千鶴子(小南満佑子)とのあらそいの末に主役に選ばれた音は、オペラ歌手の憧れの双浦環(柴咲コウ)から自分に足りない技術を死ぬ気で磨くように激励される。

ある日、古山家に裕一の幼なじみの鉄男(中村蒼)が訪れる。裕一と一緒に「福島行進曲」をつくった鉄男は、作詞家になる夢をかなえるために、思い切って新聞社の仕事を辞めて福島から上京してきたのだ。

ヒット曲に恵まれない裕一は、作曲家の木枯(野田洋次郎)から売れっ子作詞家の高梨一太郎を紹介される。高梨に見込まれ裕一が作曲した「船頭可愛いや」は藤丸(井上希美)の歌でレコード化されることに。しかし、ディレクターの廿日市(古田新太)の期待もむなしく全く売れない……。そこで起死回生で取られた手段とは!?