NHK連続テレビ小説「エール」第46回の一場面 (C)NHK

 窪田正孝さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「エール」(総合、月~土曜午前8時ほか)は第10週「響きあう夢」を放送。6月1日の第46回では……。

 音楽学校の記念公演に向けて、「椿姫」のけいこが始まった。千鶴子(小南満佑子さん)との争いの末に主役に選ばれた音(二階堂ふみさん)は、双浦環(柴咲コウさん)から「足りない技術を死ぬ気で磨くように」と激励される。ある日、古山家に鉄男(中村蒼さん)が訪れる。裕一(窪田さん)と一緒に「福島行進曲」を作った鉄男は、作詞家になる夢をかなえるため、思い切って新聞社の仕事を辞めて福島から上京してきたのだ。

 「エール」は、昭和という激動の時代に、人々の心に寄り添う曲を数々生み出した作曲家・古山裕一と、裕一の妻で自らも歌手になる夢を追い続ける音の音楽と共に生きる夫婦の物語。

 第9週「東京恋物語」は、記念公演の最終選考に向けて、男女の機微を実践で学ぼうと、男女の社交場であるカフェーで1週間働くことにした音。ある日、裕一に頼まれ、音の様子を見にカフェーにやってきた鉄男は、元恋人の希穂子(入山法子さん)と再会を果たすが、冷たい態度をとられてしまう。やがて、鉄男が書いた詞に、裕一がメロディーを付けた「福島行進曲」がレコードとして発売。音はお祝いのパーティーに希穂子を誘うが……という展開だった。