林修

5月31日に放送される『林先生の初耳学』(MBS/TBS系、毎週日曜22:00~)は、世の中でバズっていることや誰も調べていないようなことを体当たりで検証する「初耳トライ」から、2つの検証を放送する。

全国から募集した選りすぐりの知識を、抜き打ちで林修先生に出題。物知りの林先生ですら知らなかったものを“初耳学”に認定する同番組。大政絢が初耳コンシェルジュを務め、この日は中島健人(Sexy Zone)、神宮寺勇太(King & Prince)、赤ペン瀧川(瀧川英次)、澤部佑(ハライチ)、千原ジュニア、古川優香が出演する。

4月からスタートした新企画「初耳トライ!やってみたらどうなる学」では、世の中でバズっていることやまだ誰も調べていないようなことを足を使って泥臭く検証。今回は、お笑いコンビ・空気階段が「冬眠明けの熊は起きて最初に何をするのか?」を探る。

4か月ほど冬眠すると言われている野性のクマだが、冬眠明けに一体何をするのか? 空気階段の2人は、野性のクマが眠る巣穴を命がけで捜索し、巣穴付近にカメラを設置。野性のクマに60日以上密着。カメラに衝撃の事実が写る。

そして、お笑いコンビ・宮下草薙は「本当に男性をドキドキさせる方言」を科学的に検証。よく「かわいい」と言われる福岡弁だが、科学的にも正しいのか? 福岡・京都・秋田・大阪・岐阜・広島・沖縄の7か所の方言を話す女性に目隠しした男性と会話してもらい、男性の脳波を計測。男性が本当に興奮した方言を検証し、ランキング形式で発表する。