大久保佳代子「たまには弱くてもいい…」悩みを打ち明けられる相手がいないと悩むリスナーにエール
大久保佳代子がパーソナリティをつとめ、ゲストと一緒にリスナーのお悩みに寄り添い、癒しの時間をお届けするTOKYO FMの番組「KOSÉ Healing Blue」。5月24日(日)の放送は、お笑いコンビ・アンタッチャブルの柴田英嗣さんが登場。リスナーからの相談に応えました。


パーソナリティの大久保佳代子



<リスナーからの相談>
私の悩みは、なんでも打ち明けられる相手がいないことです。

友達はいますし、幼なじみのような存在もいます。でも「こんなことを相談されても迷惑では……?」と考えてしまい、彼女たちにでさえ、悩んでいることをすべて話すという気持ちになれません。

大久保さんは、何でも話せる人はいますか? やっぱり(オアシズの)光浦靖子さんですか? 何でも話せる相手がほしいです……(ラジオネーム:レモネードさん)

*  *  *

柴田:光浦さんですか? 何でも話せる相手は。

大久保:違いますね(笑)。学生時代はそうだったかもしれないけど、あるときから違いますね。なんなら、プライベートで何があったかなんて、ほぼ共有していないかも。例えば好きな人がいるとか、ちょっといい感じの人がいる、なんて全然知らないかも。

柴田:でも、お2人はすごく仲がいいじゃないですか。

大久保:仲はいい。特に今、そんなに会わないじゃない? コンビとしても。たまに会うと、ちょっと変な興奮するし(笑)。しゃべっていて、他の人にはないテンポだったり、やり取りだったり、空気感は唯一無二かもしれないから。それはそれで貴重でうれしいんだけどね。

柴田:誰ですか? 1番相談される方って。

大久保:だんだん歳をとると、仕事のことで相談したり、というのはあまり……。いとうあさこさんくらいかな。

柴田:あさこ姉。

大久保:あの人、基本的に冷静に見つつも、私のことを否定しないから、だいぶ甘やかされちゃうんだけど(笑)。「間違ってないです」って言うのよ、ほぼ100%。

柴田:でも、そういう女性陣飲み会みたいなものを、皆さんでされるじゃないですか。そういうときに、来ているメンバーみんなで相談会とかはないんですか?

大久保:ないね。

柴田:ないんですか? どういう話をしています? そういうときって。

大久保:「よく女芸人会をやるんでしょ?」とも言われるけど。そんなにたくさんで集まらないし。私もけっこう個々で、あさこさんと飲む、たんぽぽの川村エミコちゃんと飲む、黒沢(かずこさん・森三中)とご飯に行くとか。で、島崎和歌子姉がいたときに、「じゃあさこさん来る?」とか。和歌子姉とマンツーマンは、ちょっときついので(笑)。

柴田:そうなんですか(笑)?

大久保:ちょっと強めなので(笑)、3人くらいがいいのよ。

柴田:じゃあ、あまり悩みを最近打ち明けたことはない?

大久保:(自分が)強くなっちゃったっていう言い方もアレだけど、自分で解決できるんだったら、自分で。時間が解決するんじゃないか、とかね。

柴田:それ、僕も今、レモネードさんに言おうと思ったんですよ。29歳で今まで誰にも悩みを打ち明けずに生きてきたって、すごくないですか?

大久保:すごいね。

柴田:相当芯が強い人だなと思った、マジで。俺なんか、めちゃくちゃ不満・悩みをこぼしていましたけど。

大久保:若いときって、特にそうだよね。

柴田:それを、誰にも打ち明けないで今までやってきて、仲よく友達と遊んでいるって、すごいですよ。もうこのまま記録を作ってほしいです。

大久保:このまま行ったら心の一匹狼じゃないけど……行けるのかな?

柴田:なんだかんだで、治癒力がめちゃくちゃ高すぎて、大丈夫なんです、この人。だからこの悩みすら、僕らに打ち明けないでほしかった。だって、きっと乗り越えられるから。

大久保:いやいや。ここは、はけ口というか、ちょっと空気穴的に送ってくれたんだよ、きっと。本当に悩んで、このまま行ったらダメになるときが人生で1回か2回あるかもしれないけど、今のところ、まだそのカードを切ってないから。

柴田:カードを切ってないんですよ。それでこれだけやっていけるって、すごいですよね。で、友だちもいますし、幼なじみみたいな存在もいるということですから。弱さがないっていうのは、すごいこと。尊敬する。憧れちゃいますよね。

大久保:でも、たまには弱くてもいいんだよ。彼氏とかできたら……いるのかもしれないけど。彼氏にも弱さを見せないタイプなのかな?

柴田:そこは、彼氏としては見せてほしいな、と思いますけどね。

大久保:そうですよ。自分の彼女が1ミリも弱音を吐かず、1ミリも悩みごともなく。どうよ? そういう彼女。

柴田:それは、レモネードさんが悩みを言わないことで、相手を悩ませていますよっていうふうに考えれば、「じゃあ悩ませるくらいだったら、してあげよう」っていう気持ちにもなるから。「こちら側を悩ませないでね」っていうだけですね。レモネードさんに言いたいのは。レモネードさん、強すぎちゃうから。

大久保:そうね。じゃあ本当にいっぱいいっぱいになったときは無理せず、またこの番組にメールをくださいね。待っています。

次回5月31日(日)の放送も、引き続き柴田さんとリスナーのお悩みに寄り添っていきます。どうぞお楽しみに。

<番組概要>
番組名:KOSÉ Healing Blue
放送日時:毎週日曜11:00~11:30
パーソナリティ:大久保佳代子
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/blue/