ナイツ塙、志村けんさんは「『そうなんだ』って言って話を聞いてくださって…」番組共演時の出来事を振り返る
禁酒法の時代に、こっそり営業していたBAR「SPEAKEASY」。2020年の東京の街にも、そんなひそかなBARがありました。月曜から木曜の深夜1時にオープンする“ラジオの中のBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。各界の大物ゲストが訪れ、ここでしか話せないトークを展開するとか、しないとか……。

TOKYO FMの番組「TOKYO SPEAKEASY」5月13日(水)のお客様は、脳科学者の茂木健一郎さんと、お笑いコンビ・ナイツの塙宣之さん。塙さんの幼少期の出来事と、志村けんさんとのエピソードを語りました。


(左から)塙宣之さん、茂木健一郎さん


◆“笑いっていうのは、けっこう無敵なんだな”(塙)
茂木:塙さんの著書(「言い訳 関東芸人はなぜM-1で勝てないのか」)にある、幼少期にうんこを漏らしてからいじめられて、そのあと、リカバリーする話がすごく好きなんです。

塙:千葉(に住んでいた頃)だったんですけど、うんこを漏らしちゃったことで、ずっといじめられていて。家でも兄貴から“うんこ”でいじられるようになっちゃって、行き場がなかったんですよ。そのときに、テレビでドリフターズ(の志村けんさんと加藤茶さん)が「うんこちんちん」とかって言ってネタにしていたので、“あ、うんこで笑いがとれるんだ”と思って、自分でうんこの歌を作って歌ったら、ものすごくウケて。そのときに“笑いっていうのは、けっこう無敵なんだな”と思った出来事ではありましたね。

茂木:僕はすごく感動的な話だと思って。塙さんの原点がそこにあるんだなと思って。

塙:これ、志村けんさんがまったく同じ経験をされていて。先日放送していた(志村けんさんを偲ぶ特別放送番組)「金スマ(中居正広のキンスマスペシャル)」を観て初めて知ったんですけど、志村さんも(小学校の頃に学校で)漏らしちゃって、みんなからいじめられるようになって、それを笑いに変えたという話を聞いて。同じ体験だったんですよ。

茂木:僕(この話を)記事かなにかで読んだのかな? 塙さんがその話を志村さんの前でしたときに、志村さんは一言も言わないで黙っていたんでしょ?

塙:そうなんです。

茂木:それ、すごくない?

塙:すごいんですよ。普通は「俺もそうなんだよ」ってなるんですけど、志村さんは「そうなんだ」って言って話を(黙って)聞いてくださっていたので。カッコイイですね。

茂木:塙さんがその話をしたときに、志村けんさんは自分に話を持っていけたわけじゃなうい? でも、自分には持って行かない。それって愛じゃないですか?

塙:確かにそうですね。自分(志村さん)じゃなくて、こっちで完了させてくれるわけですからね。

茂木:塙さんの言葉で言うとさ、“ゴールさせてくれる”というか、得点させてくれるというか。

塙:そうですね。

茂木:改めてすごい人だったんだなって思います。

▶▶この日の放送内容を「JFN PARK」でチェック!

来週の「TOKYO SPEAKEASY」のお客様は……

6月1日(月)田原総一郎さん×堀潤さん
6月2日(火)長塚圭史さん×FPM田中知之さん
6月3日(水)田村淳さん×TENGA松本光一社長
6月4日(木)三浦瑠麗さん×茂木健一郎さん

がご来店。一体どんな話が飛び出すのか……!? お楽しみに!
<番組概要>
番組名:TOKYO SPEAKEASY
放送日時:毎週月-木曜 25:00~26:00
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/speakeasy/