大久保佳代子「家に帰ったらブラをはずしてリセットを」帰宅して寝落ちする習慣を直せないリスナーに助言
大久保佳代子がパーソナリティをつとめ、ゲストと一緒にリスナーのお悩みに寄り添い、癒しの時間をお届けするTOKYO FMの番組「KOSÉ Healing Blue」。5月24日(日)の放送は、お笑いコンビ・アンタッチャブルの柴田英嗣さんが登場。リスナーからの相談に応えました。


パーソナリティの大久保佳代子



<リスナーからの相談>
私は、夜電気を点けたままいつのまにか眠り、朝にお風呂に入り、歯を磨くという、直したくても直せない、悪い習慣があります。社会人になってから直したくても、どうしても直せません。仕事が忙しく、心もぐったりするのが原因なのかな、と感じています。この悪い習慣を直すアドバイスをいただけるとありがたいです。(ラジオネーム:紅茶と牛乳さん)

*  *  *

大久保:ワオ! 28歳で。

柴田:大変なんでしょうね、お仕事が。

大久保:だって夜に電気を点けても、寝落ちしているってところとかね。

柴田:鞄を置いてソファーに横たわったら、もう寝ちゃうくらい疲れているってことじゃないですかね。

大久保:「しば漬け食べたい」(1980年代後半のフジッコの漬物のCM)ってつぶやくような、OLさんのグッタリ感。よくないと思うんだよね。1日の疲れが溜まったままだと、服とかにも疲れとかついちゃってるじゃん? 新しいものに着替えて、体をきれいにし……せめて歯は磨こうか。歯を磨いていないと、リセットできないと思うんです。

柴田:疲れが溜まっているからそのまま寝ちゃうんじゃなくて、疲れを癒していないからまた疲れちゃうんだよっていう。

大久保:(疲れを)持ち越しちゃってる?

柴田:そう。帰ってきてお風呂に入って、ゆったりとした時間を作って、電気を消してゆっくり寝てごらん。そうしたら次の日の夜、楽だから。

大久保:疲れ貯金がずっと今続いている、と。

柴田:そう。疲れの通帳を開いてごらん。

大久保:利子もどんどん貯まっちゃってるやつだ。わかる。昔、「めちゃイケ」をやっていたときに……「めちゃイケ」って昔、深夜収録がめちゃめちゃあったのよ。3時、4時。で、へたしたら朝の8時にまた集合、みたいなときがあったの。2日連続で収録していて。

そういうときに雛形さんが言っていたのが、どんなに遅くて睡眠時間を削ってでも、私はお風呂に入って、リセットをして出てきたほうが、翌日にまだ疲れが残らないって言ってて。すごいなって思って。だから自分のやり方でね。お風呂は、でもいいらしいね。

柴田:交感神経と副交感神経を入れ替えるということのほうが、疲れを癒す意味では大事らしいですからね。玄関に着いたら、すぐに服を脱いじゃうっていうのは、どうですか?

大久保:いいんじゃないですか? 私なんか、仕事が終わると同時に、ブラジャーをはずしたいのね。本当にいやらしい意味じゃなくて(笑)、それがオンオフなの。だから家に帰ったら、すぐにブラジャーをはずして、楽なダルダルの服を着て。それで一旦リセットをして、晩酌に入るんだけど。そういう習慣をつけたほうがいいね。じゃあ、紅茶と牛乳さん。ちょっとそんなことを守ってみてください。

柴田:守りましょうね。

次回5月31日(日)の放送も、引き続き柴田さんとリスナーのお悩みに寄り添っていきます。どうぞお楽しみに。

<番組概要>
番組名:KOSÉ Healing Blue
放送日時:毎週日曜11:00~11:30
パーソナリティ:大久保佳代子
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/blue/