『フルバ』第9話あらすじ! 慊人のもとに呼ばれた夾を待ち受けるのは

4月より放送中のTVアニメ『フルーツバスケット』2nd season 第8話の先行場面カット・あらすじが公開された。

『フルーツバスケット』(原作・高屋奈月)は『花とゆめ』(白泉社)において、1998年から2006年まで連載された大人気少女漫画。現在TVアニメ『フルーツバスケット』2nd seasonが放送中だ。
唯一の家族だった母親を亡くした高校生の主人公・本田透は縁あってクラスメイトの草摩由希やその親戚の紫呉、夾たちと暮らすことになる。だが、”十二支の物の怪憑き” である草摩家には、代々異性に抱きつかれると、憑かれた物の怪に変身してしまうという秘密があった。
それぞれの葛藤や悩みを丁寧に描いたストーリーや唯一無二の世界観が、幅広い層から圧倒的な支持を受けている。

第9話は6月1日(月)深夜放送予定。あらすじ、先行場面カットはこちら!

<第9話 「大切な俺の・・・・・」>
依鈴が馬の物の怪憑きなら、酉(トリ)の物の怪憑きは慊人なのでは……透がそう考えていると紫呉に声をかけられる。なんと、夾を慊人のもとへ連れていくという。慊人の命令らしいが、夾もお呼ばれされたと心から喜ぶ透。
一方、正月と同じく透を一人にしてしまうと気にかけながらも、夾は慊人の部屋へと向かう……。

場面カットを全て見る!>>>

(C)高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会