「GREAT PRETENDER」のスペシャルPVの一場面(C)WIT STUDIO/Great Pretenders

 アニメ「エヴァンゲリオン」シリーズなどの貞本義行さんがキャラクターデザイン、ドラマ「リーガルハイ」などの古沢良太さんが脚本を手がけるオリジナルテレビアニメ「GREAT PRETENDER(グレートプリテンダー)」で、ロックバンド「クイーン」のフレディ・マーキュリーさんの「The Great Pretender」が主題歌として放送されることが5月29日、分かった。フレディ・マーキュリーさんが歌う楽曲が日本のテレビアニメの主題歌に起用されるのは初めて。

 「The Great Pretender」は、コーラスグループ「ザ・プラターズ」の楽曲で、マーキュリーさんがカバーした。主題歌が流れるアニメのスペシャルPVも公開された。

 「GREAT PRETENDER」は、自称・日本一の天才詐欺師の枝村が、マフィアさえ手玉に取るコンフィデンスマンのローランにだまされたことをきっかけに、世界を舞台に“コン・ゲーム”に巻き込まれる……というストーリー。「となりの怪物くん」「鬼灯の冷徹」などの鏑木ひろさんが監督を務め、「進撃の巨人」などのWIT STUDIOが制作する。

 小林千晃さんが枝村、諏訪部順一さんがローランをそれぞれ演じるほか、声優として藤原夏海さん、園崎未恵さんが出演する。フジテレビの深夜アニメ枠「+Ultra(プラスウルトラ)」で7月8日にスタート。Netflixで6月2日から先行配信される。