おためしコスメナビ

シミ、しわ、たるみ、乾燥など、季節の変わり目は肌トラブルが深刻化する時期。今こそ、肌にやさしくてうるおいたっぷりのスキンケアアイテムを見つけたい。『米米白美 オールインワンジェルR』は、美肌づくりにうれしい6種類のコメ由来原料でつくられたオールインワンゲル。乾燥しがちなお肌がどう変わるのか、実際に使ってみた!

紫外線やストレス急増! 今こそお米由来のオールインワンゲルできれいになろう!

これから暑い夏がやってくると、皮脂の分泌が多くなったり、エアコンで肌が冷えて血行不良が進んだり、紫外線ダメージも蓄積してあっという間に肌がボロボロ…なんてことに。でも「めんどうなお手入れは嫌!」というのは記者だけではないはず。

株式会社アトラス(大阪市北区)の『米米白美 オールインワンジェルR』(500g・希望小売価格 税抜2,200円・2020年6月15日発売)は、オールインワンゲルなので、これ1本で化粧水、美容液、乳液、クリームの効果がぎゅっと詰まっているからラクちんでうれしい。

ボトルからも見て取れるように「お米」から誕生したスキンケアアイテム!これ1本で約2か月分という大容量で新登場。季節の変わり目でお肌のごわつきやくすみ、しみ、たるみなど乾燥ダメージに悩む人におすすめらしい!

使用しているお米は、農林水産大臣賞を受賞した創業50年の幸福米穀グループが厳選した原料だけというこだわりで、お米のプロフェッショナルが研究を重ね開発した“オールインワンゲル”。肌に良いとされるコメ由来成分がなんと6種類も凝縮して贅沢に配合されている。

「コメヌカ油、コメ胚芽油、コメ発酵液、フィチン酸、コメヌカスフィンゴ糖脂質、コメヌカエキス」は、やさしく疲れたお肌にすっと馴染み、もちもちしっとり肌が目指せるというからこれはチェックしてみなくては!

ちなみに敏感肌の人にも安心の6つのフリー処方(無香料、無着色、ミネラルオイルフリー、パラベンフリー、アルコールフリー、シリコンフリー)。顔だけでなく全身が乾燥しがちで荒れやすい記者でも使えそう、と期待を抱いて実際に使ってみた!

 

するするっと馴染んでお肌しっとり! 目元や額、肘・膝など乾燥している部分でこそ潤いを実感!

『米米白美 オールインワンジェルR』はブラウンベースのシンプルなボトルで、大容量なのにやぼったくないところが良い。大きいボトルはデザインがいまいち…という先入観があったけれど、これは洗面台や化粧台にあっても室内の雰囲気を邪魔しないから好印象。

ポンプ式なので使いやすく衛生的。オールインワン商品は、指ですくうジャータイプが多いから、さっとプッシュできるのはうれしいポイント。

手のひらに出してみると、真っ白でとろみのある乳液みたいなテクスチャーだ。

するすると肌になじむ伸びの良さ、それなのにしっかり肌に密着する感じがして保湿力の高さが実感できた。皮膚の薄い目元もピリピリすることはなく、お肌にやさしそう。

顔全体や身体にも使えて、乾燥が気になるところにはよく塗りこんでいく。

これ1本でスキンケアが終了するから、仕事や家事、育児で忙しくてもささっと手早く保湿ができる。夜の保湿はもちろん、ベトつかないので朝メイク前のスキンケアとしてもおすすめ。

5分から10分くらいで肌の表面がさらっとしたので、すぐにメイクをすることができるし、枕カバーやシーツがべたつくこともなし!しっかりうるおうのに、肌表面がさらさらというのは夏にありがたい。

特にすごさを感じたのは、翌朝の目元や口元がぷりっとしたハリのある肌になったこと。

それに、お手入れ不足でカチカチだった肘や膝という角質がたまっていた部分が使い続けることで柔らかくなったのだ! 肌の角質層まで浸透し、うるおいを届けるので、乾燥しているところほど保湿効果を実感できた。


1回4プッシュで、1日朝と夜の2回使用するとして約2か月分が2,200円。朝は2プッシュでお顔のお手入れ、夜は4プッシュで全身のお手入れという使い方もできる。

この効果でこのお値段は、買って損はないクオリティだと思う。

食事にも肌にも「お米」を取り入れよう

毎日の食事でお米を食べるように、肌からもお米のパワーを感じてほしい。

これからの時期は素肌を見せる部分が増えるから、全身をケアして美しい肌を手に入れよう! インスタグラムのアカウント(@komekomehakubi)もぜひチェックしてみて。

『米米白美 オールインワンジェルR』は、全国の大手ドラッグストア、コスメショップなどで6月15日より発売予定。