「MakeShop」、4月の流通額が過去最高の197億円 コロナで食品関連が伸び、前年から1.4倍拡大

GMOメイクショップは5月29日、ネットショップ構築ASP「MakeShop」を利用する全ネットショップの2020年4月単月の流通額が、 月間流通額としては過去最高となる前年同月比142%の197億円になったと発表した。注文件数も170%と大きく成長したという。新型コロナウイルスによる巣ごもり需要拡大を受け、「フード・菓子」「ドリンク・アルコール」ジャンルの売り上げが大きく伸長した。

「MakeShop」の全ネットショップにおける1~4月の流通額の動向を見ると、 新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的とした大規模イベントの開催自粛や、 全国の小・中学校、 高校などに臨時休校が要請された3月上旬、 そして、 緊急事態宣言が発令された4月上旬に増加の波が見られる。特に緊急事態宣言発令以降の伸びは著しく、 2020年1月~3月の月別の流通額は同120%台だったが、4月は142%に達した。



「フード・菓子」「ドリンク・アルコール」が大きく成長
2020年1月~4月の流通額をジャンル別に見ると、「フード・菓子」が同187%、「ドリンク・アルコール」が同188%と大きく成長している。 注文件数では、「フード・菓子」が同232%、「ドリンク・アルコール」が同230%となった。この傾向は、飲食店の営業自粛・営業時間短縮で家飲み需要が増加したことや、外出自粛の要請を受け、食料品店への買い出しや飲食店の利用を控える人が増加したことなどが理由として考えられるという。

食料品のEC利用が増加したこともあり、実店舗で飲食店を経営する事業者からは「ケータリング・デリバリーオプション」や、物産品や食料品を扱う事業者を取りまとめてモール型のネットショップを構築したいという要望に対応する「メーカー直送システム」に関する問い合わせが増えている。同社はニーズの拡大に対応するため、自社メディアでのノウハウ公開やキャンペーン実施など、飲食店や食料品店のEC化に向けたサポート体制を強化している。

コロナ対策支援のオンラインセミナーを開催
さらにコロナの影響を受けた事業者のEC参入や既存ショップの売り上げ促進を支援するべく、オンラインセミナーを開催する。「MakeShop」の新規導入を検討している事業者向けには、「今こそ活用したい!2020年IT導入補助金オンライン説明会」、新規・既存ショップ向けには「配達エリア限定のデリバリー機能や卸販売のオンライン化」「店舗とECの連携やドライブスルー型、 モール構築など人気のカスタマイズ事例の紹介」、販売パートナー向けには「EC需要が高騰する今、 ECサイトの開設支援をMakeShopがサポート」といったテーマを企画している。

6月上旬より「MakeShopセミナーページ」で詳細を公開する予定だ。