6月1日放送の「しくじり先生 俺みたいになるな!!」の様子=テレビ朝日提供

 過去に大きな失敗をやらかした「しくじり先生」たちが自らのしくじった経験をさらけ出し、人生の教訓を伝授するバラエティー番組「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(テレビ朝日系、月曜深夜0時15分)。6月1日深夜の放送は、元ビジュアル系バンドのボーカルのヴァンビさんと元アイドルのゆんさんという美男美女で組んだ人気YouTuber「ヴァンゆん」が「安易な考えでYouTuberをはじめてしくじらないための授業」を行う。 

 ヴァンゆんは息の合ったトークが評判で、チャンネル登録者数は200万人以上、動画総再生回数は9億8000万回以上(5月29日時点)という人気ぶりで、バラエティー番組やCMにも出演している。

 そんな2人は授業で、さまざまな有名人がYouTubeデビューをして“バズって”いるが、それはごく一部であり「ほとんどの人は低再生で伸び悩んでいる」といい、知名度の高い芸能人でも、動画のアップの方法を間違えると登録者数が伸びないことなどざらだと解説する。そして、YouTubeで動画を配信し、今回、生徒役で出演する「ドランクドラゴン」の鈴木拓さんと「品川庄司」の庄司智春さんも「すでにミスをやらかしている」と指摘。

 今回は、ヴァンゆんが「YouTuberとして成功するために何をすべきなのか」などを、自身の過去の“しくじり”から学んだ「YouTube制作ノウハウ」を五つのスローガンにまとめて分かりやすく伝授。庄司さんの筋トレ動画のサムネイルを実際に制作し、編集も手直しする。さらに、再生回数が伸び悩んでいる人や、これからYouTuberを始める人たちにエールとして送りたい教訓も発表する。

 番組には、鈴木さんと庄司さんのほか、「オードリー」の若林正恭さん、「平成ノブシコブシ」の吉村崇さん、「ハライチ」の澤部佑さん、「AKB48」の永尾まりやさんも出演する。ABEMAで同日深夜0時45分から完全版を配信する。