東方神起、ポストコロナの新しいライブのあり方を提示

今年、日本デビュー15周年という大きな節目を迎える東方神起が5月24日、ライブストリーミングサービス「V LIVE」が提供する世界初のオンライン専用ライブ「Beyond Live」で2時間に渡りライブを配信した。

このオンラインライブを世界各国のファンが同時視聴、ライブ終了時にはおよそ2億をこえるハートが集まった。

【画像】メンバーも「第4次産業革命」と表現した画期的なライブの模様(写真10点)

「Beyond Live」とは、無観客の会場でライブを行い、配信する新しい形のライブコンテンツ配信システムで、これまで4月26日のSuper Mの公演を皮切りに、WayV、NCT DREAM、NCT127と、SMエンターテインメント所属アーティストのライブを毎週日曜15時に「V LIVE」アプリを介して配信を行っている。これまで世界中のアーティストが過去のライブ映像や自宅での演奏風景を無料配信する試みをしてきたが、この「Beyond Live」は通常のライブと同じように、会場を設営し、普段のライブとほぼ変わらない質と量のセットリストを用意、その公演を有料(「V LIVE」アプリ内にて1500ポイントで購入可能)で提供するというシステムになっている。

無観客での公演のため、客席にはペンライトが置かれ、パフォーマンス時以外はステージの背景にライブを視聴している観客たち(抽選)のモニターがずらりと映されるのも特徴。ライブ視聴者が書き込むコメントはアーティストがリアルタイムで読めるようになっており、ある意味リアルなライブよりも身近な距離感が楽しめる。MCの代わりに、抽選で選ばれた数名がアーティストに直接、質問できるコーナーもあり、世界中のファンとコミュニケーションしようという気持ちが伺えるのもファンにとってはありがたい。臨場感こそ生のライブにはかなわないものの、同じライブを全世界のファンが同時に観られるという興奮、そして「自宅が最前列になる」という謳い文句のとおり、歌い踊る彼らの汗すらも見て取ることができる距離でライブを視聴するというのは、これからの新しいライブの楽しみ方とも言える。

一方、制作側からすれば、ツアーを回って複数の公演をするのではなく、一度の公演で全世界のファンに観てもらえるというのは大きなメリットだ。コロナによって公演ができない今、生のライブの代替としてより多くの観客を集めているというのはもちろんあるだろうけれど、コロナが収束した後も、このオンライン配信で培った経験を生かしてライブ配信を積極的に行っていくことで、直接行くことのできない国や地域のファンにもライブを届けることができる。これまで以上に全世界にアピールできるツールとなっていくだろう。現状、コロナが落ち着くまでにはまだまだかかりそうな気配もあり、今年はKカルチャーの祭典「KCON」もYouTubeでオンライン配信することが発表されている。今後、こうしたオンラインでのライブ配信は増えていくだろうが、その先鞭をつけた「Beyond Live」は現時点でもっとも成功しているライブコンテンツと言える。


世界中のオーディエンスと一体に

5月24日に配信された「Beyond Live」には満を持して東方神起が登場。彼らの代表曲「呪文-MIROTIC」からスタートし、「運命(The Chance of Love)」ではユンホがカメラに向かってウィンク。無観客公演とはいえカメラの向こうのファンにしっかりと愛をアピールした。今年で結成16年と、長きに渡って活動してきた彼らだが、オンラインライブは初めて。前週にNCT 127のライブ配信の途中に映像で参加したユンホも、「実際にやってみるとすごく不思議ですね」と新たな挑戦への感想を述べると、チャンミンは「第4次産業革命ってこういうことだなって感じますね」と感心しきり。韓国語だけでなく日本語や中国語、英語で世界中のファンに向けて挨拶し、再びライブ本編がスタート。

「Before U Go」では指先まで神経の行き届いたダンスがクローズアップで見て取れ、「Truth」ではチャンミンのジャジーなアドリブに圧倒される。続いて流れたVCRでは彼らのオフショットやバックステージ、10周年コンサートの時の模様やドームツアーのハイライトなど、彼らのこれまでの軌跡がわかる映像がインサート。再びステージに現れた2人は、真っ赤なスーツに着替えて「ANDROID」「Trigger」と、日本語曲を2曲続けて披露した。実は今年の4月に日本デビュー15周年を記念した全国5大ドームツアーを予定していたが、コロナのために開催を見送っている2人。「残念な気持ちが少しでも慰められたらと思って(日本語曲を)用意しました。画面のむこうで盛り上がってくれましたか?」(ユンホ)、「離れているけど、Beyond Liveでこうして繋がっていることをありがたく思っています。そして日本デビュー15周年をたくさんの人にお祝いしてもらってありがとうございます!」(チャンミン)と、日本のファンに感謝の気持ちを伝えてくれた。

ファンからの質問に答える「INTERACTIVE Q&A」のコーナーでは、韓国だけでなく、日本、中国、さらにはアメリカからのファンからも質問が飛び出した。ビデオトークでつながっているファンと東方神起がミッションに挑戦する「INTERACTIVE Challange」コーナーでは、後輩のNCT DREAMからジェノ、ジェミン、チソンが画面越しに登場。東方神起の掛け声「We are T!」を全員が一斉に叫ぶというミッションを出され、無事にクリア! 成功したご褒美として、東方神起から後日、リハーサル時の未公開写真がアップされることになった。



ライブ本編では日本語曲「明日は来るから」に続いてユンホのソロ曲「Follow」とチャンミンのソロ曲「Chocolate」でそれぞれの世界観を見せつけたと思えば、東方神起のライブ定番曲「Always With You」で盛り上がり、「Dream」は歌いながら2人がステージを降りてバックヤードを抜け、会場ロビーで合流するというパフォーマンスも。ラストは「MAXIMUM」「Why?(Keep Your Head Down)」「Rising Sun」と、東方神起が誇る圧巻のダンスを立て続けに披露した。「短い時間でしたがみなさんと楽しむことができてうれしかったです」(ユンホ)、「大変な時期ですが、先程うたったように必ず明日は来るから、健康に気をつけてみんながんばりましょう!」(チャンミン)と最後までファンを気遣った。東方神起らしさ満点のパフォーマンスと2人の息のあったコンビネーションはオンラインライブでも健在。2時間超におよぶ初のライブ配信を全力でやりきり、次週のSUPER JUNIORへバトンを渡した。