動画配信サービス「Disney+」のキービジュアル(C)2020 Disney and its related entities

 ディズニーの動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」が、6月11日に国内で提供開始することが5月28日、明らかになった。ウォルト・ディズニー・ジャパンが発表した。ディズニー作品をはじめ、ピクサーやマーベル、スター・ウォーズ、ナショナル ジオグラフィックといったディズニーが保有する作品を視聴することができる。月額700円(税抜き)の定額制。

 「Disney+」は、すでに米国やヨーロッパ、インドなどでサービスが提供されている。国内ではNTTドコモと提携し、6月11日からドコモショップやMy docomo、ディズニープラスの公式サイトなどから契約できる。申し込みにはdアカウントが必要だが、どのキャリアユーザーでも加入可能。すでにサービスが開始されている「ディズニーデラックス」の入会者は、追加料金なしで利用できる。

 500以上の映画や、100以上のテレビシリーズがラインアップされる。最近のヒット映画「トイ・ストーリー4」「ライオン・キング」「アベンジャーズ/エンドゲーム」のほか、1955年公開のアニメーションの実写版「わんわん物語」、「スター・ウォーズ」の実写ドラマシリーズ「マンダロリアン」、映画「ハイスクール・ミュージカル」をベースにした新シリーズ「ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル」、ディズニーのテーマパークで企画開発をしている部署の舞台裏を描いたドキュメンタリー「イマジニアリング~夢を形にする人々」などを視聴できる。