米D2C「Allbirds」がアディダスと革新的な提携 共同で温室効果ガス排出量の低いシューズを開発

アメリカのD2Cシューズブランド「Allbirds」を展開するオールバーズは5月28日、スポーツ用品大手のアディダスとカーボンフットプリント(温室効果ガス排出量)の低いスポーツパフォーマンスシューズの開発のいてパートナーシップを締結すると発表した。両ブランドは互いの技術、生産工程、自然素材の使用法を融合し、フットウェア業界のカーボンニュートラルを促進させる。

アディダスとオールバーズは同日、ドイツ・ヘルツォ―ゲンアウラッハにて、フットウェア業界が1年間に排出する700Mメトリックトンの二酸化炭素排出削減に向けたコラボレーションプロジェクトの共同発表を行った。このパートナーシップでは、生産過程やサプライチェーンを革新し、さらなる再生可能素材の追求によって史上最もカーボンフットプリントの低いスポーツパフォーマンスシューズを開発することが目的だという。

両社は目標を実現するため、互いのサステナビリティーに関する革新的な技術を共有し、気候変動に対応するための新たな基準を業界にもたらそうと考えている。

「アディダスとオールバーズはサステナビリティについてただ話し合うのではなく、進歩を促し、実際に行動するブランドであり続けたいと考えています。」とアディダス ブランドストラテジーのヴァイスプレジデントであるジェームズ・カーンズ氏は語り、「両ブランドは近年、サステナビリティにおいて革新的な成果を出しており、その実績はフットウェア業界の基準に影響を与えるきっかけになりえます」と述べている。


アディダス ブランドストラテジー ヴァイスプレジデント ジェームズ・カーンズ氏

オールバーズ共同CEOのティム・ブラウン氏は、「全世界における温室効果ガス排出削減は急務であり、その課題解決はオールバーズやアディダスといった個々のブランド以上に大切です」と述べ、「気付いていようがいまいが、これは地球上の全人類が取り組むべき課題であり、企業同士の競争よりはるかに重要です。私はこのパートナーシップが将来のよりサステナブルな、ゼロ・カーボン社会の実現に向けての先例となることを期待しています」と語った。


オールバーズ共同CEO ティム・ブラウン氏

今回のプロジェクトでは、業界トップクラスであるアディダスのパフォーマンス基準を備えたアスリートシューズを生み出すことが目標だ。最高水準の品質を保つため、開発されるシューズはオールバーズのライフサイクル測定ツールを使用し、総合的なカーボンフットプリントを計測する。

「私たちの希望は、このパートナーシップが大勢の人たちにとって、アイディアや研究を共有するきっかけとなり、持続可能なライフスタイルを実現することです。」「そしてこれは一企業だけで解決できる課題ではありません」とティム・ブラウン氏は語っている。