SAN DIEGO, CA - APRIL 14:  Christian Villanueva #22 of the San Diego Padres celebrates after hitting a solo home run during the first inning of a baseball game against the San Francisco Giants at PETCO Park on April 14, 2018 in San Diego, California. (Photo by Denis Poroy/Getty Images)

 北海道日本ハムファイターズは27日、クリスチャン・ビヤヌエバ内野手が都内の病院で虫垂炎と診断され、虫垂炎に対する腹腔鏡下摘出術が無事に終了したと発表した。
 

 
 ビヤヌエバは、5月30日に退院予定で、ゲーム復帰まで約4週間の見通しとなっている。
 
 今季からチームに新加入したビヤヌエバ。メキシコ合衆国出身で、身長180センチ、体重95キロ、右打ちの内野手だ。MLBでは、2018年のパドレス時代にシーズン20本塁打をマークするなど長打力をアピール。来日1年目の昨季は、読売ジャイアンツで73試合に出場したが、打率.223、8本塁打、24打点と結果を残せなかった。