おためしコスメナビ

色味やテクスチャー(マット・ツヤなど)によって、キレイめにもカジュアルにも印象が全く異なって見えるリップメイク。また、きちんとリップカラーをつけることで顔色がよく見えたり清潔感アップも期待できる。ただ、日中会話したり、飲食したり何かと動かすことの多いリップは、朝きちんとメイクしてもきれいなままキープするのが難しい箇所でもある。そこで今回は落ちにくく、色持ちが良い『リップティント』を特集。ドラッグストアで買える鉄板人気ブランドから出ている6種類を徹底検証してみた!

人気プチプラブランドのリップティント6種類をおためし&比較してみた!

そもそもリップティントとは、唇そのものを染めるタイプのリップカラーのこと。飲み物を飲んだり、食事をしても色が落ちにくく、つけたての発色が長続きするのが魅力。

また、発色が良いものが多く、ひと塗りでパッと明るい印象にしてくれるのもうれしいポイント。元の唇の血色が悪い人や色素沈着が気になる人にもおすすめのアイテムだ。

リキッドタイプや口紅タイプなど質感もさまざまで、カラバリ豊富なものが多く、学生から大人女子まで幅広い世代に人気のアイテムと言える。

横一列に並べられたドラッグストアで買えるリップティント6本

今回ピックアップしたのは、以下の6アイテム。人気プチプラブランドかつドラッグストアで手に入る注目のリップティントを、発色、ツヤ(マット)、うるおい、色もちなど合計6つの項目に分けて徹底比較してゆく。

・キャンメイク リップティントシロップ
・キャンメイク メルティールミナスルージュ(ティントタイプ)
・セザンヌ カラーティントリップ
・ヴィセ マイレッド ルージュ
・ロート リップザカラー
・ヴァセリン モイスチャーティント

それでは、早速順番にためしていこう!

1:キャンメイク リップティントシロップ(全3色)

トップバッターは『キャンメイク リップティントシロップ』(全3色・希望小売価格 税抜650円・発売中)。

言わずと知れたプチプラコスメブランド「キャンメイク」の定番ティントで、シロップみたいなサラッとしたテクスチャーが特徴のアイテム。

細身のチップでラインが取りやすい。ジャムようなツヤツヤとした透明感あふれる発色。サラサラのシロップがスーッと伸び広がり、口紅特有の「塗っている感」を一切感じずに唇を染め上げてくれた。ティッシュで軽くおさえれば素の唇と一体化する。ただ、時間が経つにつれてパサつきが若干気になるかも。

カラーバリエーションは全3色。

「02ストロベリーシロップ」は、女の子らしいベビーピンク。3色の中で一番ナチュラルな仕上がりなので、色選びに迷ったらこちらのカラーを選ぶといいかも。

「04ポピーシロップ」は、ヘルシーなオレンジピンク。黄味がかったカラーなので、イエベ肌と相性が良さそう。

「05プラムシロップ」は、くすみパープルのぶどうリップに。ほんのりツヤがあるため、くすみカラーでも顔色が悪く見えない。

・発色(★★☆☆☆)
・ツヤ(★★★☆☆)
・うるおい(保湿)(★★★☆☆)
・色もち(★★★☆☆)
・UVカット (記載なし)
・価格(コスパ)(★★★★☆)

・香り:無香料

公式サイト

2:キャンメイク メルティールミナスルージュ ティントタイプ(全3色)

『キャンメイク メルティールミナスルージュ』の商品パッケージ

続いてご紹介する今年の4月1日に発売されたばかりの『キャンメイク メルティールミナスルージュ(ティントタイプ)』(全3色・希望小売価格 税抜800円・発売中)は、2020年4月に発売された大人気「生レアルージュ」待望の新色&ティントタイプの商品。

口紅と色つきリップのちょうど中間といった感じの塗り心地。唇に当てると、体温に反応したリップ表面がとろけ、バターのようになめらかに塗り広がる。口の小さい記者でもムラなく塗れて、簡単にキレイなリップに仕上げることができた。長さ7cmほどのミニマムサイズで、トレンドのミニバッグでもかさばらないのも魅力的。

カラーバリエーションは全3色。肌なじみの良いナチュラルなカラーがそろっている。

発色、うるおい、色もちすべてにおいてバランスがとれた優秀な1本。リップバターのような塗り心地が新しく、ひと塗りでお気に入りのアイテムに! 色持ちが良く、こまめな塗り直しが不要なのは、ズボラな記者にとってはありがたかった。

 

「T01 ブライドピンクコーラル」は親しみやすい印象のコーラルリップに。

「T02 ロゼミルクティー」は落ち着いたベージュブラウン。地味になりやすいベージュ系カラーも、ほんのりツヤがあるおかげで上品な印象に仕上げてくれた。清潔感が出るので、オフィスメイクにもぴったり。

「T03 ディアレストレッド」はエレガントなピンクレッドに発色。パキッとした鮮やかな色味で、リップを主役にしたメイクに仕上げたいときにおすすめ。

・発色(★★★★★)
・ツヤ(★★★☆☆)
・うるおい(保湿)(★★★★☆)
・色もち(★★★★★)
・UVカット (記載なし)
・価格(コスパ)(★★★★★)

・香り:無香料

公式サイト

3:セザンヌ カラーティントリップ(全6色)

つづいてご紹介する『セザンヌ カラーティントリップ』(全6色・希望小売価格 税抜600円・発売中)は、鮮やかな高発色が目を惹くリキッドタイプのティントリップ。

『セザンヌ カラーティントリップ』の商品パッケージ

キャンメイクと並ぶ人気プチプラブランドの「セザンヌ」は、現在、星野真里さんのCMも話題となっていて、皮脂テカリ防止下地を筆頭に低価格で高品質なアイテムが人気となっている。

シアバター、ワセリン、ヒアルロン酸など4種類の保湿成分が配合されているだけあって「リップティントは乾燥しやすい」という固定観念を覆すような、なめらかでしっとりとした塗り心地だ。

発色の良さはピカイチで、ひと塗りでもしっかりメイクしてる感が出るので、おでかけメイク向きだと感じた。ただ、うるおい感が高い分、ティッシュオフした部分だけ色がごっそり落ちてしまうのが、少し気になるかも。

カラーバリエーションは、豊富な6色展開。ヌーディーなベージュ系から、華やかなピンク系、トレンドのブラウン系まで幅広いラインナップなので、自分に似合う色が見つけやすい。

「CT1ピンク系」は女性らしい雰囲気の王道ピンク。

「CT2レッド系」は目を惹く鮮やかレッド。セミマットな質感が程よく、アイメイクとのバランスがとりやすい。

「CT3ローズ系」は華やかさ満点のローズピンク。青みの強いカラーなので、ブルべ肌と相性が良さそう。

「 CT4ブラウン系」は抜け感のあるブラウンレッド。

「CT5ピンクベージュ系」は美人度高めのベージュピンク。SNSで“粘膜色”として注目されているカラーなだけあって、唇の内側のような自然なピンクが印象的だ。唇がむちっとやわらかそうに見えて、どこか色っぽい。

「CT6コーラル系」は顔色がパッと明るくなるコーラルオレンジ。可愛さと大人っぽさを兼ね備えた絶妙なカラーで、シーンを選ばず使えそう。

・発色(★★★★★)
・ツヤ(★★★★☆)
・うるおい(保湿)(★★★★☆)
・色もち(★☆☆☆☆)
・UVカット (記載なし)
・価格(コスパ)(★★★★★)

・香り:無香料

公式サイト

4:ヴィセ マイレッド ルージュ(全4色)

『ヴィセ マイレッド ルージュ』の商品パッケージ

つづいて『ヴィセ マイレッド ルージュ』(3.8g・全12色・希望小売価格 税抜1,500円・2019年5月19日発売)全12色のうち101~104の全4色がティントタイプ。みずみずしいツヤリップに仕上がるシアーな質感が特徴。

右手に持った『ヴィセ マイレッド ルージュ』

2~3回重ね塗りすることで発色がアップ。みずみずしく薄膜で、色の出方も均一でよかった。ティッシュオフしても赤味が残り、ティント効果を実感できた。

カラーネームはすべて「レッド」がついているものの、それぞれピンク系、オレンジ系、ローズ系と雰囲気が異なるので、自分に似合う赤リップが見つけられる。

「101 レッド系」は王道のレッドカラー。塗り重ね具合によって発色の濃さを調節できるので、赤リップ初心者には特におすすめ。

「102 ピンクレッド系」は透明感のあるガーリーなピンクレッド。ぷるんとみずみずしい果実のような質感がキュートで、デートにつけていたら褒められること間違いなし!

「103 コーラルレッド系」は顔色を健康的に魅せてくれるコーラルレッド。ブルべ肌・イエベ肌問わず使える万能カラーなので、1本持っておくと色々重宝しそう。

「104 ベリーレッド系」は女性らしいベリーピンク。はっきりとした発色の青みピンクが肌を白く魅せてくれた。

・発色(★★☆☆☆)
・ツヤ(★★★☆☆)
・うるおい(保湿)(★★★☆☆)
・色もち(★★★★★)
・UVカット (記載なし)
・価格(コスパ)(★★☆☆☆)

・香り:無香料

公式サイト

5:ロート リップザカラー(全4色)

『ロート リップザカラー』(2g・全4色・実勢価格 税抜600円・発売中)は、5種類のトリートメントオイル(保湿成分)を配合し、ひと塗りで縦じわの目立たないうるおい満ちた唇に導いてくれるリップティント。

橋本環奈ちゃんがイメージモデルをつとめ、ドラッグストアにおける「カラーリップ業界の王者に君臨している」といっても過言ではない人気アイテムだ。「口紅よりカジュアルなのに、色つきリップよりも色っぽい」というコンセプトどおり、派手すぎない、でも手抜きに見えない絶妙な発色が魅力の一つ。唇表面をコーティングするような、なめらかな塗り心地で保湿力抜群! うるおいと発色のバランスがよい1本だ。リップの先端が斜めにカットされていて、鏡なしでもキレイに塗れるのもうれしい。ただ、ティッシュオフするとほとんど色が残らないので、こまめな塗り直しが必要かも。

「キャメルブラウン」はヘルシーな印象のブラウンカラー。少々ハードルが高く感じるブラウンリップも、この透け感とツヤなら驚くほど肌なじみがいい。

「プレシャスレッド」はヘルシーな表情に仕上がるピンクレッド。ササッと軽くぬれば上品な印象に、重ね塗りすれば主役級の赤リップに、と塗り方次第で表情がガラッと変えられるのが面白い。

「ピンクコーラル」は清楚なコーラルピンク。「プレシャスレッド」より若干明るく、上品な印象になった。

「フォギーローズ」はエレガントなローズピンク。こっくり深めの色味なので、濃いめのアイメイクとも相性が良さそう。

・発色(★★★☆☆)
・ツヤ(★★★☆☆)
・うるおい(保湿)(★★★★★)
・色もち(★☆☆☆☆)
・UVカット (SPF26・PA⁺⁺⁺)
・価格(コスパ)(★★★★☆)

・香り:無香料

公式サイト

6:ヴァセリン モイスチャーティント(全3色)

『ヴァセリン モイスチャーティント』(3g・全3色・希望小売価格 税抜950円・発売中)は、とろけるような塗り心地が特徴のリップティント。保湿力の高いヴァセリンジェリーに加えて、アルガンオイル、グレープシードオイル、ラズベリーエキスなど植物由来の保湿成分が配合されており、リッチなうるおいをあたえてくれる。

リップクリーム感覚で、するすると唇全体に塗り広げることができ、保湿力が断トツで高い。時間が経っても唇の乾燥がほぼ気にならなかった。最初はうっすら血色がプラスされたかな?というくらいの控えめ発色だが、時間が経つほどに発色がよくなった。ただティント効果なのか時間が経つとピンクっぽい発色になるので好き嫌いはあるかも。密着度は高いので色持ちはよかった。

カラーバリエーションは全3色。全体的に発色は控えめで「スカーレットレッド」が若干濃く色づいた。

「スカーレットレッド」は落ち着いた印象の赤リップが完成。

「モードピンク」は上品な青みピンク。かなりシアーな発色なので、リップの下地やグロス代わりに使う方が良さそう。単体で使う場合は、重ね塗りがマストだ。

「ラセットローズ」は自然なローズピンク。発色はかなり控えめではあるものの、ツヤツヤリップに仕上がるので、健康的な印象になった。

・発色(★★☆☆☆)
・ツヤ(★★★★★)
・うるおい(保湿)(★★★★★)
・色もち(★★★★☆)
・UVカット (記載なし)
・価格(コスパ)(★★★☆☆)

・香り:無香料

公式サイト

まとめ

人気の6種類のリップティントをためしてみたが、記者のお気に入りは『キャンメイク メルティールミナスルージュ(ティントタイプ)』『ヴィセ マイレッドルージュ』『キャンメイク メルティールミナスルージュ(ティントタイプ)』は、リップクリームのような軽い塗り心地ながら高発色で、食べたり飲んだりしても血色感を保ってくれた。手にすっぽりと収まるサイズ感も◎。『ヴィセ マイレッドルージュ』は元の唇の色の延長かのようなシアーな美発色と色持ちが抜群で万能に使えそうなのがよかった。

今回ご紹介したリップティントは、全国のドラッグストアまたはオンラインショップで購入可能。自分に合ったリップティントで口元美人を目指してみては?