NHK大河ドラマ「麒麟がくる」第19回の一場面 染谷将太さん演じる織田信長 (C)NHK

 俳優の長谷川博己さん主演のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(総合、日曜午後8時ほか)第19回「信長を暗殺せよ」が5月24日に放送された。同回では、弟の信勝(木村了さん)を死へと追い込んだ信長(染谷将太さん)が、母・土田御前(檀れいさん)から、厳しい言葉を投げつけられるシーンが描かれた。

 幼い頃から母に遠ざけられてきたことを嘆く信長。しかし、土田御前は「そなた(信長)は、いつも私の大切なものを壊す」と切り出すと、「幼き頃より、そなたはいつも物を壊し、私を傷つけた」「そなたがそばにいるだけで私の心は穏やかではなかった」と非難し、「それを癒やしてくれたのが信勝であった」と告白。ここで土田御前は、「そなたはまた、私の大切なものを壊したのじゃ、私の大切なものを」と信長に迫ると、頬に手を当て「そなたは弟を殺しただけではない。この母も殺したのです」とその場に泣き崩れる。

 その後、信長は帰蝶(川口春奈さん)を前にし、「終わった……。わしは父も弟も母も失った……」と悲しみに暮れ、SNSには「信長がつらい」「不憫(ふびん)じゃあ」「悲しいなぁ」「悲しすぎる」といった視聴者の言葉が並んだ。

 信長役の染谷さんは同回の放送後、ドラマの公式ツイッターでコメントを発表。「弟を殺した後なのに、母上の姿を見て、やっと自分のところに来てくれたとちょっと喜んでしまう。そこが信長の怖いところであり、ピュアな部分でもあります。そして、母上に顔を触ってもらい、同時に捨てられる。これは、今後の信長に多大な影響を与えるはずです」と語った。