テレワーク中のパパが「私の部屋の机でお仕事をするので困っています」7歳・女児の相談に、専門家のアドバイスは?
住吉美紀がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの生ワイド番組「Blue Ocean」。5月8日(金)の放送は、お休み中の住吉に代わり、フリーアナウンサーの宇賀なつみがパーソナリティをつとめました。キッズリスナーから寄せられた悩みに合う答えを専門家に伺うコーナー「子どもリモート相談室」では、東京未来大学 こども心理学部長・出口保行先生にお答えいただきました。


※写真はイメージです


◆パパは自分の机がありません
<キッズリスナーからの相談>
東京都 7歳 ラジオネーム:はあちゃん
学校が休みになってから、パパが私の部屋の机でお仕事をしているので困っています。仕方がないので、妹とリビングで勉強しています。パパは自分の机がありません。かわいそうだなと思っているのですが、どうしたらいいですか?

宇賀:かわいいご相談ですね。お父さんは、いわゆるテレワークで、おうちでお仕事をされているんですかね。はあちゃんは机を貸してあげて優しいなと思うけど、自分のお勉強は、自分の机でやりたいもんね。

本日お話を伺うのは、東京未来大学 こども心理学部長・出口保行先生です。

出口:お父さんにしてみると、おうちにずっといられるって、すごくうれしいことですし、はあちゃんたちと一緒にいられるということは、すごく幸せなことだと思っていると思います。普段は、“おうちにいたいな”と思う気持ちがあっても、会社に行かなきゃいけないでしょ? だからすごく喜んでいると思います。

でも今は、お父さんに、はあちゃんの大事な机を貸してあげなくてはいけない。はあちゃんは、自分の机で勉強したくても、できないというようなことが起きちゃっているので、すごく大変だよね。でも、机を貸してあげるということは、はあちゃんにとても優しい気持ちがあるからだよね。その優しい気持ちっていうのを、とにかく大事にしてほしいなと思います。

今は、お父さんも大変、はあちゃんも大変。でも、家族で力を合わせて、このコロナウイルスと闘っていかなければいけない。そんな状況のなかで、はあちゃんのその優しい気持ちというのが、とても大事なことだと先生は思っています。

宇賀:はあちゃんの優しい気持ちが、この状況を乗り越える大事な鍵になっているんですね。はあちゃんは、家族でラジオを聴いてくれているということなので、出口先生に、はあちゃんのご両親へのメッセージもいただきました。

◆はぁちゃんのご両親へのメッセージ
出口:こういうような現象を、心理学的には「シェアリング」と呼んでいます。シェアリングとは、“自分のものを分かち与えること”です。

例えば、今回のはあちゃんの場合、自分の持っているものをお父さんに貸して、分かち与えるというようなことができています。これは、背景に“共感性”というようなものがないとできないことです。“共感性”とは、人の気持ちが分かる能力です。もっと分かりやすい言葉で言うと、“思いやり”です。

このようなシェアリングの行動を、より伸ばすためには、“子どもをすごく褒めてあげること”が大事です。もちろん単純に褒めるということだけではなくて、今回のはあちゃんの場合であれば、お父さんや家族が、はあちゃんに対して、「すごく感謝をしているんだよ」ということを、どう伝えられるのかがすごく重要になります。

感謝というのは、口やジェスチャーで直接表すと、一層効果的です。ぜひ、直接表現してあげてください。そうすると、お子さんは“今、自分のどういう所が褒められているのか”“伸ばすべき行動は何か”ということが理解できるので、一層ポジティブなシェアリングというような行動をするようになります。思いやりを持った社会生活を送るという上で、非常に重要な人格の発達に繋がります。

◆家族で長い時間を過ごすために大切なことは?
出口:日本の場合、欧米に比べて家が狭いので、家のなかで各自が別々の生活をするというのは難しく、1つの部屋にみんなが集まって生活することが多いと思います。そのなかで、お互いの行動が違う状況は確実にあります。

今回のはあちゃんの場合は、お子さんとお父さんの関係性でしたが、これが夫婦関係の場合は、より重要になります。夫婦の場合、“言わずもがな”で成立してしまいやすいのですが、実は、不満というのは言わないと相手に届きません。また、感謝の気持ちも言わなければ伝わりません。つい、直接表現することを省略しがちですが、ストレスの高い時代だからこそ、なおさら口やジェスチャーで表していく。夫婦間でもさまざまな価値観を共有していくことが、より求められています。今の時代、“3密はいけない”と言われてわれていますが、家庭内のコミュニケーションは、密であったほうがいいに決まっています。その密というものを求めて、他の3密は避けるという生活を心がけてください。

宇賀:家族だからこそ、夫婦だからこそ、密にコミュニケーションをとると。つい、“家族なんだから分かってくれるはず”とか“察してほしい”なんて思ってしまいますが、それは間違いで、不満も感謝も、きちんと言葉にして伝えていくことが大事なんですね。

はあちゃん、どうでしたか? 参考になったかな。いつまでも、はあちゃんの優しい気持ちは、持ち続けてほしいなと思いました。

「Blue Ocean」では、お子さまが抱えているお悩みや疑問、相談などを募集しています。ぜひ、番組Webサイトまでお寄せください。

<番組概要>
番組名:Blue Ocean
放送日時 :毎週月~金曜9:00~11:00
パーソナリティ:住吉美紀
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/bo/