西武のザック・ニール投手<画像:球団提供>

◆ 良い状態をキープできている

 西武のザック・ニール投手が25日、ウェブ会議サービス『ZOOM』を使用したオンライン取材に応じ、自身の現状や今後に向けてコメントした。

 今月18日からメットライフドームでの分離練習をスタートさせた西武。ニールは「監督・チームスタッフ含め、みんなに会えたことはよかった」と喜びつつ、「まだ個人練習の時間が多く完全な全体練習ではないので、またみんなできる日がくれば」と、いち早い“日常”の復活に期待を寄せた。

 自身の現状については「施設が使えてしっかりと調整ができていたので、開幕に向けて良い状態をキープできている」と語り、「練習試合も2試合くらいの登板かもしれないけど、そこをしっかりやっていきたい」と先を据える。

 また、一度は決まっていた開幕投手についても言及。「自分の中で開幕戦に向けて準備をしているし、投げられる状態ではある」と語り、開幕が見えてきたことで「逆算して調整を始めている。プルペンでもゲームを意識した練習をしています」とコメント。気持ちを新たに、大役に向けた意気込みを口にした。