新型コロナウイルス関連情報[2020.05.25 UP]


モータースポーツ業界を応援しよう!新品・中古カー&バイク用品ECサイト「Croooober(クルーバー)」の特設サイトでレース使用品が購入可能


新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的な感染拡大により、さまざまな業界がその影響を受けている中、モータースポーツ関連の業界も、未だかつてない大きなダメージを受けている。モータースポーツの最高峰であるF1においても新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大により、前半10戦の延期やその中止がアナウンスされており、今現在は新たな開催スケジュール作りが行われているという段階である。その他、国内で開催予定だったレースや走行会などの中止も数多く発表されており、モータースポーツ界の今後が危ぶまれる事態となっていると言える。



そんな状況の中、2013年7月にクルマ・バイク好きのためのカスタム文化を世界規模で応援していくサイトとしてサービスが開始され、カー用品・バイク用品の新品・中古パーツが約64万点(2020年5月20日現在)掲載されているECサイト「Croooober(クルーバー)」を運営する株式会社アップガレージ(本社:神奈川県横浜市)は、「モータースポーツ業界を一緒に盛り上げましょう!」をコンセプトに、Crooooberに出品しているモータースポーツ事業者を応援することを目的とした特設サイトを設置。そこに出品されるのは、実際のレースで使用されたウェアやホイールなど、レースファンにはたまらない品ばかりとなっており、それらグッズを購入することで好きなチームの応援に繋がるというわけだ。



その第一弾として登場するのは「TEAM UPGARAGE(チームアップガレージ)」 で、5月22日より出品がスタートしている。現在の注目商品としては、2017年までTEAM UPGARAGEのMC86に装着されていた「WedsSport レース専用センターロックホイール(1本)」や、スーパーGTのレース会場で販売されている「チームアップガレージ公式グッズ」のオリジナルチームTシャツ、オリジナルキャップ、オリジナルマフラータオルなどとなっている。



この特設サイトでモータースポーツ事業者が販売した際の手数料は、加盟より2020年8月31日まで無料にされることになっており、これにより今まではほとんど出品されていなかったような実際のレースで使用されたモータースポーツ関連の商品がCrooooberで購入可能になる。現在はモータースポーツ事業者の出店が広く募集されており、今後はさまざまなチームのグッズが販売される予定になっている。