【新サイト はじめました】「アマイスイカドットコム」、スイカに特化し会員1000人目指す

スイカに特化したプラットフォーム「amaisuika.com(アマイスイカドットコム)」を運営する、あまいスイカは、年内に1000人以上の会員登録を目指す。

同社は今年4月29日に、「スイカドットコム」を開設した。佐藤代表は、スイカの生産量で国内1位の熊本県の出身。スイカの食べ比べが趣味だという。スイカ業界を活性化するために、ITエンジニアである自身のノウハウを生かしプラットフォームを立ち上げた。5月14日時点で、40件の受注が来ているという。

2019年夏から、プラットフォームの立ち上げの準備を開始した。現在、10店舗が出店し、42品目を取り扱っている。糖度や中身の空洞具合、農薬の節約量など一定水準をクリアすることで、「アマイスイカドットコム」に出店できるようにしている。


「アマイスイカドットコム」

グーグル広告の、SEO、SNSでのキャンペーンで集客を行っている。SNSでは、ツイッターとインスタグラム、フェイスブックで情報配信やブランドスイカのプレゼントキャンペーンを実施し、サイトの認知拡大を図っている。投稿頻度は週に3~4回程度。今後は、スイカを活用したジュース、酒、スイーツなどのレシピも公開し、「スイカドットコム」のファンを獲得していくとしている。

さらなるファン獲得施策として、6月までに「全国のスイカマニアランキング」というページを導入する。ページでは、商品の購入点数に応じて、上位ユーザーの名前を表示する。佐藤代表は、「ランキングのようなコンテンツを充実させることで、リピーターと新規顧客を獲得し、年内で1000人の会員登録を目指す」と意気込んでいる。

BtoBの販売では、「ブランドスイカ取り扱い店」という項目を設け、ホテルや旅館などに対して、高級スイカを販売していく。「サイトの良さを顧客だけでなく、企業にも伝えて、年内で40店舗の出店を目指したい」(同)と話している。