ラリーの世界王者がショックのあまり体調を崩した出来事とは?

モータースポーツ史の中で最も傑出したラリードライバーだといわれるヴァルター・ロールは、プロとして活躍した1973年から 87年までに2度(1980/1984 年)FIA 世界ラリー選手権王者に輝いている。さらに、世界選手権では通算14度の優勝を記録し、モンテカルロ・ラリーは4度も制覇している。ロールの最初のクルマは21歳の時に購入したポルシェ 356だそうだ。そんな彼の回顧録をご紹介。

「トスカーナで開かれるラリー・サンレモは、モンテカルロやニュージーランドのラリーと並んで私のお気に入りの大会でした。1981年当時はまだポルシェではなく、経営面で問題を抱えている別のワークスと契約を交わしていました。そのため、私はドイツの国内選手権においてのみ、ポルシェ 924 で参戦できることになったのです。さらにポルシェはサンレモでも 911を供給すると提案してくれました。私は ”ポルシェに勝利を献上することができれば、これからのラリーでもここのワークスマシーンで参戦できる” と確信していたので、サンレモでは必ず勝つ気でいました。

サンレモの初日はアスファルト・レースなので、余裕で私はトップを走っていました。そして次の2日間はトスカーナのグラベルが舞台。当然のことながら、ライバルたちの4WDカーが強かったです。ですが、私たちの計算では ”この 2 日が過ぎた時点で他レーサーのマージンが 4分以下であれば、最終日の夜のアスファルトで逆転できる” と、いうものでした。そして、幸いにもトップのマージンは、グラベル終了時点で2分10秒にとどまっていたため、期待が一気に高まりました。そんな時に限って無念にもマシーンのアクスルが破損してしまったのです。これは私の今までのキャリアで最も悔しいリタイヤとなりました。現にそれが理由で、私はラリー後に4 週間体調を崩していました。本当にショックだったのです」