トラブル続出!? 特別定額給付金10万円…郵送申請書の勘違いとオンライン申請のトラブルにご注意!
声優としても活躍中の鈴村健一(月~木曜)と俳優の山崎樹範(金曜)、フリーアナウンサーのハードキャッスル エリザベスがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「ONE MORNING」。5月21日(木)放送のコーナー「リポビタンD TREND NET」のテーマは「特別定額給付金10万円、郵送申請書の勘違い」。ネットニュースサイト「ねとらぼ」編集長・加藤亘さんに話を伺いました。


※写真はイメージです



すでに一部自治体で受給申請がスタートしている特別定額給付金ですが、郵送で申請する方法と、内閣府が管理するサイト『マイナポータル』を通じたオンライン申請の2通りがあります。このうち、郵送で申請するための書類の一部が“勘違いしやすい”作りになっているとして、注意喚起が行われています。

鈴村:10万円の給付についていろいろな問題が出てきているようですね。どういった問題が起きているのでしょうか?

加藤さん:問題になっているのは申請書のおもて面にある「給付対象者」の部分です。この部分には、給付対象者である一緒に暮らしている家族全員の名前と生年月日が記載されています。そして、名前欄の右側に「給付金を希望されない方はチェック欄に×印をご記入してください」というチェック項目が設けられているのです。

もう一度言います、「給付金を“希望されない方は”チェック欄に×印を…」ということなのですが、この項目を“受給を希望する方”のチェックだと勘違いしてですね、誤って×印を記入してしまうケースが多発しているんです。

先日、自分のところに「郵送申請書」が届いたので見てみますと、同じように、希望されない方がチェックを入れる欄がちゃんとありました。朱書きで書かれていることもありまして、うっかり勢いで×したくなっちゃう感じがするんですよね。

鈴村なるほど。この“希望されない方”にチェックをさせる意味があるんですか?

加藤さん:なぜ、このような勘違いしやすい作りになっているかというと、同じ世帯のなかで、受給を希望する人とそうでない人を個別に設定できるように考えられたチェック項目なんですよね。家族全員が一緒に申請できちゃうので、なかには「したくない人もいるのかなぁ?」という気遣いなのかはわからないのですが、その構造から誤って記入してしまう人が多いというわけですよね。

ある自治体関係者によりますと、「希望しない」にチェックが入っている場合、勘違いなのか、本当に辞退するのか、電話で問い合わせたところ、その日確認した人たちは「みんな勘違いだった」という声も上がっているそうなのです。

こういった、自治体からの勘違いなのか、本当に辞退なのかという確認は、必ずしも行われていることではなく、各自治体によって対応が異なりますので、申請の前に改めて「給付対象者』の部分をしっかり確認していただければ、と思います。

鈴村:申請前に確認、これ大事ですよね! 自治体側もチェックして、大丈夫なのかな? と思って、電話をかける対応していたら、とんでもない人手が必要になりますよね。まず、書く側がしっかりチェックしていかなければならないということですね。みなさん、お気をつけください。

そして、郵送の書類はややこしいところがあるといわれていますが、オンライン申請の方はどうなっているのでしょうか?

加藤さん:これまた残念ながら、オンライン申請でも問題が起こっておりまして、例えば兵庫県川西市では、19日までに3,000件を超えるオンライン申請がありましたが、「二重申請」のほかに、振込先の口座や氏名の誤りなどで、およそ半数に何らかの問題があったということです。

鈴村:半数ですか!? 相当な数ですよね!!

加藤さん:なぜ、「二重申請』が起こるのかというと、内閣府が管理するサイト「マイナンバーポータル』は、すでに申請を終えた人が何度も申請をやり直した場合や、あるいは、給付金を受け取れる世帯主以外の人が申請した場合でも、受理する設計になってしまっているのです。

なので、二重に申請されてしまうということが起きてしまったわけなのです。自治体側はその都度、内容に重複がないか確認する必要が出てきてしまいますし、「時間がかかってしまって大変だ!」ということで、川西市などは「郵送で手続きしてほしい」と異例の呼びかけをしています。

郵送申請についても勘違いが多発しているので、「これどうしましょ…」みたいな感じなんですが、ちなみに、なぜこういう様式になっているかというと、国が自治体に送った参考例にこうあったからなんですよね。それを自治体が真似をして同じような書式にしたんですよね。

なかには山形市のように、その参考例をよしとせずに、独自の解釈でチェック欄を排除した書式の申請書を作った自治体もあったりします。なので、希望される方は給付対象者の部分で間違ってチェック欄に×印をつけないように十分注意してください。

鈴村:間違えやすい書類との指摘ももちろんあるのですが、まず人が書き込むものですから、書類を読んで間違えないようにすることが大事だと思います。しっかりチェックして、送ってみてください。

番組名:ONE MORNING
放送日時:毎週月~金曜6:00~9:00
パーソナリティ:鈴村健一(月~木曜)、山崎樹範(金曜)、ハードキャッスル エリザベス
番組Webサイトhttps://www.tfm.co.jp/one/