オンラインで関係を築く

コロナ禍で、電話やメール、ビデオ通話システムなどを利用した取材が当たり前になってきました。最初は戸惑うことも多かったですが、時間の経過とともに、上手に使えるようになりました。

挨拶、営業、そして記者が日々行っている取材など、対面が常識だった業務が大きく変わるのでは、と身をもって感じています。もっと言えばオンラインの方が顧客との関係性を築きやすいのではないかと感じているからです。

私自身、普段から電話取材も多く、ビデオ通話になっても、電話と同じように話して聞いての繰り返しで取材をしています。特にビデオ通話の場合、顔が見えるというところに大きなメリットがあると感じます。電話でも相手の声のトーンや話し方、早さ、抑揚などいろいろと察しながら会話するものです。声だけが判断材料となるため、意外と神経を使います。電話とは対照的に、ビデオ通話であれば、顔が見えるため電話よりも当然、関係性を築きやすい要素があると思っています。

現在、在宅での取材が多いので、取材担当者の背景が見えます。本棚があったり、オシャレな照明が見えたりと、ビデオ通話上でも、話のネタになる要素が多く眠っています。私の場合、ビデオ通話で取材すると約束していた1時間をよく超えます。これは良いのか悪いのかは取材先の判断になりますが、「もう時間ですから」と言われたことは1度もありません。それよりも「楽しいですね」と話す相手も多く、私としても取材に手応えを感じています。

オンラインでも関係を構築できる方法や仕組みは多くあることに最近気づかされます。以前、初めてお会いする企業に広告の提案をしたところ、その場で出稿いただけることになりました。当然、お互いにメリットがあってこその話しです。対面とオンラインの両方を駆使して、多くの情報を届けたいと思います。