「感染症のおなまえ」を緊急取材

古舘伊知郎が「名前」にまつわる驚きの物語を紹介していく番組『ネーミングバラエティー 日本人のおなまえっ!』(NHK総合、毎週木曜19:57~)。5月21日は、「感染症のおなまえ」と題して、感染症の“おなまえ”について命名の由来と理由を探る。

同日の放送は、レギュラーの澤部佑(ハライチ)、宮崎美子、森岡浩に加え、ゲストとして、名越康文、パトリック・ハーランが出演する。

世界各国で猛威を振るい、人々の営みに深刻なダメージを与えている「新型コロナウイルス」由来の感染症。歴史上、ペスト、インフルエンザ、天然痘など、人々の生命を脅かす感染症は幾たびも出現。そのたびに人類は、発生当初、原因不明だった感染症に「おなまえ」をつけて「見える化」し、予防策を立て、治療法を確立してきた。感染症に名前をつける行為は、人類が病気に立ち向かう第一歩でもある。

番組では、「新型コロナウイルス感染症」「スペインかぜ」「コレラ」など、感染症のおなまえについて命名の由来と理由を探ることで、人類と感染症との闘いの歴史を振り返り、その教訓を学んでいく。