上新電機、通販売上高571億円 EC化率は13.8%と微増に

上新電機の20年3月期における通販売上高は、前期比4.8%増の571億3400万円だった。店頭販売などを含んだ全体の売上高は同2.9%増の4156億4300万円で、EC化率は同0.3ポイント増加の13・8%だった。

連結ベースの営業利益は同18.3%減の89億7900万円、経常利益は同19.1%減の89億円、当期純利益は同14.7%減の54億1800万円だった。減益は物流コストの増加などが要因となった。

上新電機は自社ECサイトの「Joshin web」の他、大手ECモールに出店している。「楽天ショップ・オブ・ザ・イヤー2019」ではジャンル賞、「ヤフーベストストアアワード2019」では年間ベストストア総合第2位を、出店店舗がそれぞれ獲得した。

4月27日には楽天と、ポイントキャンペーンなどでの連携強化を発表。ネットと実店舗との相互送客を図るなど積極的な動きを見せている。新型コロナウイルス感染拡大の影響で店頭販売の先行きが不透明な中、ECを活用した顧客接点の創出を強化していく考えだ。