バロックジャパン、余剰在庫の着こなしを提案するECサイト「AUNE」新設 テーマは『アパレルサステナビリティ』

バロックジャパンリミテッドは4月23日、余った在庫品の活用とコーディネートを目的としたECサイト「AUNE(アウネ)」を開設した。アパレルサスティナビリティをテーマにした新たなプラットフォームとして展開する。
 
「アウネ」では、発売シーズンが過ぎて価値が下がった商品在庫を活用する。セールやアウトレットなどでも消化できないため、保管費用や焼却代などのコストを要していた。販売する時期、ターゲット、市場を変えて販売していく。
 
倉庫にある在庫品をサイト上で簡単にコーディネートし、キーアイテムなどと合わせて提案する。「カジュアル」「ちょっとキュートに」「カッコよく」など顧客の要望に合わせた検索を可能にした。


コーディネートを提案

キーアイテム検索では、顧客が持っているアイテムを選択すると、それに合わせた商品2点が表示され、購入できるようにしている。現在は、女性用の商品だけだが、年内にも男性用の商品にも対応させていく。
 
スタイリストだけでなく、さまざまなブランドで販売経験を持つ同社のスタッフが、コーディネートしていくとしている。


新着コーディネートを随時更新
 
管理本部の橋本純氏は、「既存ブランドより低価格帯の商品が多く、新規顧客を獲得しやすいと考えている。サイトを開設して間もないが、当初の想定より売り上げは好調だ」と話す。