同世代の夫と5歳のお子さんがいる30代女性の家計簿。家計管理の頑張りや自分では気が付かない家計の優れた点をプロ目線でお伝えします。

◆手取り年収700万円世帯の家計簿を拝見!
皆さんから投稿いただいた家計簿を元に、ファイナンシャル・プランナーがその家計の優れた点をコメントする『褒める家計簿』。

今回の投稿は愛知県にお住まいの30代女性から。ファイナンシャル・プランナーの荻野奈緒美さんと横田健一さんの2名が担当します。

◇投稿者の情報
・ペンネーム:ちーすけさん
・性別:女性
・年齢:30代半ば
・住まい:愛知県
・住居形態:持ち家(マンション)
・家族構成:3人家族、夫(30代半ば)、長男(5歳)
・就労形態:夫(会社員)、妻(会社員)
・世帯の手取り年収:700万円
・総貯蓄額:1500万円
・使用している家計簿ツール:みるみる!貯まる家計ノート
・家計簿歴:約5年
・給与の管理方法:まとめて一括管理
・投稿した家計簿の月:2020年1月

◇収支の内容
ちーすけさん家計の1月の家計簿
ちーすけさんの家計簿

◇投稿者への質問
――投稿した家計簿を振り返ってください
この月は外食が多めで食費が高かった。

――ほかの月と比べて支出額はどうでしたか?
変わらない。

――日頃の家計管理の工夫を教えてください
・通信費は格安スマホ2台で抑えられている
・子どもの保育園代(3万円弱)が無償化で浮いた分を習い事など教育費に充てているが、少し高い気もする

――親族からの援助があれば教えてください
特になし。

――家計の目標を教えてください
あと5年後に、ローン一括返済(あと400万円!)。

――こっそりパートナーを褒めてみてください!
いつも家事育児に協力的でありがとう。

――こんな他の人の家計簿が見たい!
夫婦共働き子ども1人の家計簿(今は余裕があるけど、この先が不安なので) 。

◆この家計簿の褒めポイント!
ちーすけさんの家計簿の「褒めポイント」はこちら。
 

◆この家計の最大の強みは継続性(FP横田)
スマホ料金が2台で5000円だったり、手取り収入に対して約37%が黒字であったりと、素晴らしい点は多いのですが、それ以上に、ちーすけさん家計には「継続性」や「持続力」という強みが感じられます。

たとえば家計簿を5年続けられていること。また5年後に住宅ローンを一括返済できるよう計画されていること。一定のペースで長距離を走り切るような着実性のある生活の結果が、総貯蓄額1500万円という数字に表れているのだと思います。

一方で、もう少し、今の生活をより楽しむために使ってもいいのではないかという気がしますね。

ご夫婦で何歳まで働くかなど、長期的なライフプランを考えつつ、長期的なマネープランを立てていきましょう。

◆淡々とこなせる精神力に脱帽です(FP荻野)
これだけ余裕がある収支ですと、散財しそうな面が見えても不思議ではありませんが、特に収支が変わらずに淡々と完璧な家計管理をされて貯蓄額を増やしている、このタフな精神力がすごいです。

貯蓄1500万円も素晴らしいですが、残金400万円の住宅ローンを一括で返済、30代のうちに住宅ローンを完済できる行動力も称えられてしかるべきです。

この月は外食が多めとのことですが、結局のところトータルの収支は他の月と変わらないようですね。家計管理を5年続けられていることで、自然と支出の数字合わせができるスキルが身についているのではないかと思います。

3万円の教育費についてですが、これは習い事だけの費用なのでしょうか。教育費はお子様の成長につれて金額が上がっていきますので、お子様の今後のライフイベントを考慮しつつ、見直していくことも必要ではないかと思います。

※FPのコメントは将来を保証するものではありません。あらかじめご了承ください

コメントしてくれたのは……

■荻野 奈緒美さん
CFP認定者、フリーアナウンサー。株式会社MILIZE 金融コンサルティング部所属。WOWOWアナウンサーを経て、その後フリーに転身。経済番組に出演したのをきっかけにFP資格を取得。 現在はFPとして相談業務や執筆活動も行っている。

■横田 健一さん
株式会社ウェルスペント 代表取締役。CFP認定者/1級ファイナンシャル・プランニング技能士。株式会社MILIZE 金融コンサルティング部外部顧問。東京大学大学院修了後、大手証券会社を経て、2018年1月に独立。「フツーの人にフツーの資産形成を!」というコンセプトで情報サイト「資産形成ハンドブック」を運営。

文=All About 編集部