本当は無実かもしれない5人の凶悪殺人犯

近年、実録犯罪ものが再びブームになっている。とくに注目を集めている冤罪ものでは、様々な司法制度の過ちに光が当てられる。

闇に葬られた証言、矛盾する時間軸、視野の狭さ、主観的状況証拠や心理的プロファイル頼みの捜査や、昔からよくある手抜き捜査――こうした冤罪の特徴が、長年有罪確実と考えられてきた有名事件にも当てはまるとしたら? 米国で起きた5つの殺人事件を例に挙げてみる。

・スコット・ピーターソン


スコット・ピーターソン(中央)をテーマにした最新ドキュメンタリーは、彼が無実である可能性を示唆している(Photo by Bart Ah/Getty)

A&Eネットワークで放送された6話完結のドキュメンタリー『The Murder of Laci Peterson(原題)』は、長らく解決したと思われていた事件を違う視点からとらえた作品だ。ドキュメンタリーでは、今は死刑を待つ身のスコット・ピーターソンの貴重な音声が登場する。妊娠した妻が失踪して殺害されてから彼はめったに発言せず、証言台に立つことはなかった。検察側の勝利に終わった事件は、彼の家族や弁護団、法律の専門家やジャーナリストに話を聞きつつ、公判中の映像や、有罪と死刑の評決を支持する陪審員とのインタビューを交えて、徹底的に検証される。

陪審に提示された証拠の中でもとくにひどかったのが、ピーターソンとアンバー・フレイ氏との束の間の情事だ。2人は妻のレイシーさんの失踪後も連絡を取り合っていた。フレイ氏は警察に協力してひそかに通話内容を録音したが、有罪につながる証拠は何ひとつ掴めなかったものの、ダメージは絶大だった。ピーターソンが結婚生活と父親になることに不満を抱えていたことを示す証拠はこれだけだったが、検察側は殺人の動機として位置づけた。

検察側は、レイシーさんがどこで、どうやって殺害されたか、という仮説を立てられなかった。ピーターソン宅からも、彼が所有していた倉庫からも、サンフランシスコ湾に遺体を捨てるときに使ったとみられるボートからも、血痕や争った形跡は一切発見されなかった。ピーターソンは警察に対し、その日はバークレー・マリーナで釣りをしていたと供述した――3カ月後、まさにその場所でレイシーさんとお腹の胎児が(別々に)発見された。偶然であるはずがない、と検察官は主張した。だがピーターソンのアリバイは衆知の事実だった――ドキュメンタリーは他の誰かがレイシーさんを殺害したと仮定し、もしピーターソンに罪を着せて容疑を逃れようと思ったら、どこに遺体を捨てるべきか分かっていたはずだ、と論じている。

次に登場するのが、20名以上の近隣住民の証言だ。隣人たちはその日の午前中、レイシーさんによく似た妊婦が犬を散歩している姿を見たと供述したが、検察はすでにレイシーさんが死亡したと主張した後だった。警察はろくに確認もせず、これらの証拠は信憑性に欠けるとして却下した。だがドキュメンタリーでは、こうした目撃証言を裏付けるとみられる新たな証拠として、いつもピーターソン家に郵便物を届けていた郵便局員の証言を紹介している。ピーターソン夫妻はマッケンジーという犬を飼っていて、郵便物を届けるたびに必ず吠えた。だが、クリスマスイブの日は静かだった、と局員は語った。つまり、その日家には誰もいなかったということだ。局員のデジタルスキャナーの記録によると、ちょうどレイシーさんの目撃情報と同じ時間帯だった。もしピーターソンが家を出た後、レイシーさんがまだ生きていて犬を散歩していたなら、彼が彼女を殺害することはできなかったはずだ。

もしスコット・ピーターソンが無実なら、誰がレイシーさんを殺したのか? 複数の目撃者が、クリスマスイブの朝にピーターソン宅の道向かいで強盗があったと証言している。そのうちの1人は、強盗に関与した2人の男とレイシーさんが対峙しているのを見た、とまで言っている。ドキュメンタリーによれば、なかなか筋の通った説明だ。

・でっちあげ? 捜査ミス? 無実を訴える殺人犯の顔(写真)



「アシッド最高、豚を殺せ」と繰り返し叫びながら侵入者は一家を襲った

・ジェフリー・マクドナルド


何十年も論争の的となったジェフリー・マクドナルド事件(Photo by AP)

いまから50年ほど前、アメリカ合衆国陸軍のグリーンベレーの軍医だったジェフリー・マクドナルドは、妊娠中の妻コレットさんと2人の幼い娘をノースカロライナ州のフォートブラッグ近郊で殺害した容疑をかけられた。1970年の軍法会議では無罪とされたが、約10年後に刑事裁判で有罪判決を受けた。彼は現在、これまでの自説を裏付ける新たな証拠に基づいて、無実を証明するべく戦っている。

マクドナルドはずっと変わらない。1970年2月に4人の侵入者――3人の男と1人の女――が、「アシッド最高、豚を殺せ」と繰り返し叫びながら一家を襲った、と彼は主張している。2人の娘はそれぞれの寝室で刺殺され、マクドナルドと妻は夫婦の寝室で発見された。ベッドのヘッドボードには血で「PIG」と書かれていた。コレットさんはアイスピックとナイフで40回近く刺されていた。マクドナルドが刺されたは肺の一カ所のみ。

刺し傷を受けていたにも関わらず、陸軍犯罪捜査官はマクドナルドの説明を信じず、1970年5月に殺人罪で起訴した。6週間にわたって行われた軍法第32条に基づく審問で、70人の証言が行われた結果、審問官を務めた陸軍大佐はマクドナルドを無罪とし、民間当局に他の容疑者を追及するよう要請した――警察の情報屋をしていた麻薬常習者のヘレナ・ステークリー(マクドナルドが供述した女の侵入者と特徴が一致していた)と、彼女の元陸軍兵士の恋人は、ともに自分たちがやったと証言したと言われている。

その後数年間、マクドナルドは普通の生活を送っていた。だが1974年、それまで協力的だった義理の父親が態度を一変し、彼がやったに違いないと刑事告訴したため、マクドナルドは殺人罪で訴追された。検察側は、マクドナルドがエスクァイア誌でマンソン・ファミリーによるシャロン・テート/ラビアンカ殺人事件の記事を読み、それらしき犯行現場をでっちあげてヒッピー集団に罪を着せようと考えたのだ、と主張した。マクドナルド本人も弁護側の証人として証言台に立ったが、反対尋問でこてんぱんに叩かれた。結局有罪判決が下され、3件の終身刑が言い渡された。

以来、マクドナルドの事件は世間の関心と論争を集めている。1983年には、ジョー・マクギニス著の実録犯罪ベストセラー『Fatal Vision(原題)』に取り上げられた。この本はマクドナルドを計算高い社会病的者として描き、TV用ミニシリーズにもなった(続いて出版されたジャネット・マルコム著の『The Journalist and the Murderer(原題)』は、マクギニスのアプローチを徹底的に覆し、報道倫理を示す決定版となった)。マクドナルドの支援者の1人、映画監督のエロール・モリス――冤罪を扱った1988年の名作ドキュメンタリー『The Thin Blue Line(原題)』の監督――は、2012年の著書『A Wilderness of Error(原題)』でこの事件を再検証した。500ページに及ぶ超大作は、証拠の大半が紛失、放置、または汚染され、あるいは説得力に欠けていたことを詳らかにした。

何十年も上訴は却下され、ごく最近では2014年にも却下された。だが2017年1月、マクドナルドは新たな証拠に基づいて連邦裁判所に上訴した。犯行現場から、家族のDNAとは一致しない3本の毛髪が見つかったのだ。さらに、裁判を担当した検察官がステークリーに証言台で偽証するよう強制した、という宣誓供述書も見つかった。身元不明のDNAはステークリー(すでに他界している)のものとも一致しなかったが、マクドナルドの弁護団は、確かに侵入者がいたことを示す証拠だと言っている。連邦上訴裁判所の判断がいつごろ出るのかはまだ分かっていない。


検察側はルーティエを、子供のいない「華やかな」生活を懐かしむ軽薄な女に仕立て上げた

・ダーリー・ルーティエ


子供たちを殺害した罪で有罪判決を受けたダーリー・ルーティエは現在上訴中(Photo by Donna McWilliam/AP)

1996年6月6日未明、テキサス州ダラスでダーリー・ルーティエが緊急通報した。取り乱した声で、自宅に何者かが侵入して自分と2人の息子を刺した、と叫んでいた。数週間後、ルーティエは6歳のデヴォン君と5歳のデーモン君を殺害したとして起訴(最終的には有罪と)された。55人の女性死刑囚の1人である彼女は、今も無実を主張している。ルーティエの支援者によれば、警察当局が初めから彼女を犯人と決めつけ、捜査もずさんで、警察の仮説と矛盾する証拠を黙殺していたという。

警察はすぐに彼女を疑った。ルーティエは残忍な襲撃のことをほとんど覚えていなかったからだ。本人の話では、彼女は子供たちと一緒にリビングで映画を見ながらいつの間にか眠ってしまったという。その間、夫は2階で生まれたばかりの三男と眠っていた。ルーティエは、デーモン君に揺り起こされたことと、男の背中が暗い部屋を出ていき、キッチンを通ってガレージへ消えていくのを見たのは覚えていた。辺りが血だらけなのを見て、彼女はすぐに911に通報した。

ルーティエは首の大動脈付近を刺され、緊急手術が必要な状態だった。だが、検察側は自分で刺した傷だと主張した。病院で撮影された写真には、ルーティエの腕に防御傷とみられるあざが写っていた――陪審がこの写真を目にすることはなかった。

それに加えて、血の付いたルーティエと子供たちの衣類は、汚染されることもお構いなしに、同じ証拠袋に入れられた。検察側の証人トム・ベヴェル氏は、ルーティエの寝巻についていた血しぶきは息子たちを繰り返し刺したとみて「ほぼ間違いない」と証言したが、弁護側はこれに反論する法医学の専門家を証人に召喚しなかった。以来、ベヴェル氏の鑑定は説得力に欠け、誤解を生じさせるものとして非難を浴びている。この20年間以上、ベヴェル氏の鑑定で少なくとも3つの冤罪が起きている。

また支援者いわく、警察は現場写真を撮る前に家具や物を動かし、犯行現場をいじっていた。そして侵入者が押し入った形跡――切り裂かれていたガレージの網戸や、近くの路地に落ちていた血まみれの靴下――はルーティエが「でっちあげた」ものだと、早急に結論づけた。

これほど凶悪な犯罪を犯す明白な動機が見つからなかったため、検察側はルーティエを、子供のいない「華やかな」生活を懐かしむ、軽薄な女――実際彼女は「髪を脱色し」、豊胸手術をしていた――として描いた。最も忌まわしい証拠は、子供たちの墓で撮影されたTVのニュース映像だ。そこには笑いながら、パーティ用のスプレーを手にはしゃぐルーティエの姿が映っていた。

「子供を2人亡くしたばかりだというのに、彼女は文字通り、子供たちの墓の上で踊っているんです」と、検察官は陪審に語った。

実際のところ遺族と友人らは、生きていれば7歳になるはずだったデヴォン君の誕生日を祝っていたのだった。数時間前には厳かな法事が行われ、ルーティエは終始すすり泣いていた。映像にはその部分も収められていたが、陪審は「パーティ用スプレー」の部分しか見せられなかった。審理の間、陪審はこの映像を7回も見させられた。

裁判の後、陪審員の1人はこう認めている。「もし、その日の出来事をすべて残らず目にしていたら、私は有罪に票を投じなかったでしょう」

2002年には著名な法医人類学者の鑑定が行われ、ガラステーブルで見つかった血のついた指紋はルーティエ家のメンバーとも、捜査関係の誰とも一致しなかったと判断を下した。現在行われている上訴裁判では、追加で行われた最新DNA検査が審議されている。テキサス州は、有罪を認めれば仮釈放なしの終身刑に減軽すると提案したが、彼女は拒否した。


犯人は被害者から気絶寸前まで首を絞められたこともあったと証言

・ジョディ・エイリアス


ジョディ・エイリアスは恋人を殺害したとして有罪判決を受けたが、本人は正当防衛だったと主張している(Photo by Tom Tingle/AP)

近年、アメリカでもっとも嫌われた殺人被疑者としてスコット・ピーターソンと肩を並べる者がいるとすれば、ジョディ・エイリアスだろう。エイリアスは2008年にアリゾナ州メサで、つかず離れずの交際をしていたトラヴィス・アレクサンダーさんの謀殺容疑で起訴された。彼女は2013年まで証言台に立つことはなかったが、それまでメディアは彼女が有罪だと信じて疑わなかった。陪審も同様で、エイリアスは2015年、仮釈放なしの終身刑を言い渡された。

ピーターソンと違い、エイリアスは無実を主張しなかった。少なくとも、今はそうだ――彼女は裁判で、アレクサンダーさんを銃で撃ったのは正当防衛だったと証言した。だが、アレクサンダーさんが殺害されたとされる2008年6月4日の出来事についての彼女の話は、すでに2度変わっている。彼女は当初アリゾナにはいなかったと話していたが、犯行現場にいた証拠が出ると、現場にいたことは認めたが、殺したのは2人の強盗だと言った。それから2年後、今度は正当防衛だったと主張を変えた。

2013年、エイリアスの証言は18日間にわたって行われた。この時彼女は2人の性生活を赤裸々に語った。熱心なモルモン教徒だったアレクサンダーさんは、アナルセックスを好んでいた。教会の教義にそれほど違反せずに済むからだ。またエイリアスは、アレクサンダーさんが精神的にも身体的にも暴力的になることがあったと主張し、気絶寸前まで首を絞められたこともあったと言った。そのため(エイリアスの主張によれば)アレクサンダーさんのカメラを落として暴力を振るわれたとき、彼女は命の危険を感じた。検察側は、彼女が撃った銃は祖父母から盗んだものだと主張したが、エイリアスは銃はアレクサンダーさんのもので、撃ったのも事故だったと言った。その後のことは、弁護側の専門家がいうところの外傷後健忘のせいで何も覚えていないが、銃を捨てたことは認めた。銃はいまだ発見されていない。

それに銃は凶器ではなかった――弾はアレクサンダーさんの眉毛をかすめ、最終的に胸に命中したが、それが死因ではなかった。死に至らしめたのはナイフだった――アレクサンダーさんは胸と背中を27回も刺されていたが、最終的な死因は首からの出血死だった。顎の下を、端から端まで切り裂かれていた。エイリアスはアレクサンダーさんを刺したことも、喉を切り裂いたことも覚えていないと証言したが、バスルームの床にナイフが落ちた音は聞いたと証言した。検察側も主張を変え、先に銃で撃った(エイリアスの説明とも一致する)のではなく、最後にとどめの一撃として撃ったとし、エイリアスの残虐性を示す証拠だと言った。検察のこの仮説は、5年前に行われていた検視報告書と矛盾する。弾丸がアレクサンダーさんの脳を貫通し、それが死因だという検視官の証言もまた然りだ。

検察の時間軸は、犯行現場の証拠と、洗濯機の中から発見されたアレクサンダーさんのカメラから復元した撮影記録時刻に基づいていた。エイリアスはナイフで刺す「数秒前」、シャワーを浴びているアレクサンダーさんの写真をエイリアスが撮影した、と検察は主張し、エイリアスがアレクサンダーさんの死体を引きずった時にカメラが床に落ちて、「偶然」写真が数枚撮影されたと言った。だが、「偶然」撮影された写真は暗くて画像も乱れており、アレクサンダーさんやエイリアスだとはっきり特定するものは写っていない。彼女の支援者は、手動で追加された撮影時刻の信憑性に疑問を呈している。

検察側は、アレクサンダーさんが殺されたのは2008年6月4日だと主張した――だが腐敗状態から、検死解剖では死亡日時が特定できなかった。検視官もこれについては証言していない。エイリアスの支援者は、弁護側がアレクサンダーさんの死亡日を示す証拠が薄い点を追及せず、弁護を怠ったと考えている。よりによってその日は、その週で唯一エイリアスのアリバイがなかった日だった。さらに、検察が主張するようにアレクサンダーさんの遺体を引きずるほどの力はエイリアスにはなく、ルームメイトが1時間後に帰宅する前に洗濯機を2度も回すような時間はなかった、と支援者は言っている。

それから5日以上、アレクサンダーさんのルームメイトは誰も「鼻をつくような」腐敗臭が家じゅうに充満しても気づかなかったことになる。ルームメイトの2人は刑事に対し、彼が死んだとされる日の後も被害者を見かけたと語った。都合のいいことに、2人は証人に召喚されなかった。

エイリアスの支援者らは、メサ警察が捜査で手を抜いて証拠を黙殺し、弁護士も死刑判決を免れることに一心不乱で、有罪評決のために努力しなかった、と固く信じている。エイリアスは宣誓証言でアレクサンダーさんの死の責任を認めてしまっているため、せいぜい望めるとしても減刑どまりだろう。だが支援者の中には、そもそも刑務所行きになったことがおかしい、と信じる者もいる。エイリアスがアレクサンダーさんを撃ったのは正当防衛かもしれないが、証拠を徹底して再検証すれば、彼女が本当に殺したのかどうか当然疑問が起きるはずだ、と彼らは言う。エイリアスの行動がこれまで予測不能だったことを踏まえれば、彼女が三度証言を変えることも十分あり得る。


刑事からあの手この手で強要され、供述を変えるように迫られた

・タイラ・パターソン


タイラ・パターソンはすでに仮釈放されているが、汚名返上を誓っている。

1994年9月のとある深夜、オハイオ州デイトンで19歳のタイラ・パターソンは運の悪い時に、運の悪い場所で、運の悪い相手と一緒にいた。数カ月後、パターソンは加重殺人および強盗で起訴され、終身刑を言い渡された。23年後に仮釈放されたものの、必ず汚名を雪ごうと決意を固めている。

事件当夜、パターソンは友人のベッカ・スティダムと一緒に5人の知り合いと遊んでいたが、別のティーンエイジャーのグループと口論になった。相手のグループにはミシェルとホリーのライ姉妹がいた。ライ姉妹と仲間たちは「狩り」、つまり車に乗って強盗目的で鍵の開いたガレージを物色していたとみられる。2つのグループの間で口論が起こり、ミシェル・ライさんが頭部を撃たれ、射殺された。

検察も最終的には、ライさんを撃ったのはパターソン被告だったことを突き止めたものの、パターソンはネックレスを盗ったと自供していたため、殺人に関与したとして加重殺人で起訴された。パターソンは、録音された警察での供述は事実ではなく、強要されたのだと主張した。彼女いわく刑事から脅された上、情報を提供したスティダムは釈放されたと仄めかされたため、話をでっちあげたという。

「後ろにいた子がネックスレスを付けていたのが目に入りました」とパターソンは警察に語った。「私がネックレスを取りました。銃で撃ったりはしていません。ただネックレスをとっただけです」

パターソンはのちに、自分は誰からも何も奪っていなければ――地面に落ちていたネックレスを拾ったが、後でトイレに流した――射殺の現場にもいなかった、と言った。喧嘩の場を収めようとした後、パターソンとスティダムは帰路につき、途中で銃声を聞いた。パターソンは家に着いてから偽名で緊急通報した。陪審は緊急通話の音声はおろか、この事実すら知らされなかった。弁護側は、パターソンも友人のスティダムも証言台に立たせなかった。検察側はパターソンの窃盗の自白に焦点を絞ったが、3人の被告のうち誰がこれらの犯行に及んだかという点になると、生存者の証言は互いに食い違っていた。

にもかかわらず、パターソンは有罪判決を受け、懲役43年から終身刑が言い渡された。いわゆる「裁判税」――傲慢にも無実を主張して無理やり公判に持ち込んだことに対する罰金――の支払いも命じられた。以来、スティダムとパターソンを含む3人の被告は、神に誓って自分たちは窃盗にも殺人にも関与していないと主張している。12人の陪審員のうち6人は、緊急通報のことを知っていたら無罪にしただろう、という宣誓供述書を提出した。今ではホリー・ライも、最初のうちはパターソンが関与していないと警察に供述していたが、刑事からあの手この手で強要され、供述を変えるように迫られたと言っている。

「今はもう、ミシェルの殺害のきっかけとなった窃盗にタイラが関与していたと思いません」。オハイオ州のジョン・ケーシック州知事に宛てた手紙で、ライはこう書いている。「タイラがずっと収監されているのは間違っていると思います」

・殺されたセックス・セラピスト、ハリウッドの光と影に翻弄された人生(写真)