スマホやデジカメで使うmicroSDカードやSDメモリーカード、Amazonをはじめとするネット通販では、家電量販店よりも断然安く売られていることがあります。しかし、サンディスク(ウエスタンデジタル)をはじめとする人気メーカーのメモリーカードは偽造品(ニセモノ)が出回ることが多く、消費者にとって悩みの種となっています。

しかし、“ある方法”を使えば、比較的確実かつ簡単に、手にしたメモリーカードが正規品か偽造品かを判定できます。今回は、この「目からウロコ」の方法を徹底紹介します。

  • サンディスク製メモリーカードの例。これは紛れもない本物ですが、たとえパッケージが立派でも油断してはいけません。パッケージを見て判断できないネット通販であれば、なおさらです

見た目や性能で真贋を判断するのは難しい

メモリーカードを購入する時に注意しなくてはいけないのが、有名メーカー製を装ったニセモノをつかまされることです。Amazonなどの通販サイトはもちろん、店頭で購入した場合も、正規品よりも容量が少なかったり、転送速度に劣る偽造品が紛れている可能性は捨て切れません。

こうしたニセモノを見破るには、カード表面のロゴのゆがみや印刷の鮮明さをチェックしたり、パソコン用のツールを用いて容量や転送速度をテストすることがよくありますが、いずれも初心者にはハードルが高すぎます。本物とニセモノ、2つのメモリーカードが手元にあれば、両者を比較して見破ることもできますが、両方ともニセモノだった場合、自信を持って断定するのは意外に難しいもの。

こうした場合、大手家電量販店など信頼の置けるショップから買うのがもっとも有効な方法といえますが、すでに購入して手元に製品がある場合は、まったく別のアプローチによる真贋の判定方法があります。それは、製品に刻印されている「シリアルナンバー」を使って、メーカーのWebサイトで製品の保証登録が行えるか否かで判定する方法です。

シリアルナンバーで真贋を判断できる(ただしメーカー限定)

そもそも偽造品は、メーカーの正規品の外観をコピーして作られるため、シリアルナンバーは正規品からそのままコピーされることが多く、同じシリアルナンバーの製品が大量に出回ることになります。そのため、ユーザー登録を行おうとすると、該当のシリアルナンバーが本物と重複してしまい、エラーが出ることになるわけです。

また、本物らしく見せかけた偽のシリアルナンバーでも、やはりエラーが出て何らかの問題があることを知らせてくれます。万が一、シリアルナンバーそのものが印字されていなければ、それだけで不良品と見なせます。製品の真贋をチェックするには、かなり確度が高い方法といえます。

今回は具体例として、Amazonでサンディスクの製品を購入した場合について見ていきましょう。同社のメモリーカードは、カードの裏面にシリアルナンバーが印字されており、これを用いてメーカーサイトへの製品登録が行えるようになっています。

  • 今回筆者が購入した製品。Amazonの仕組み上、複数の出品者が同じページで相乗りで販売を行っているため、前回買ったのが正規品だからといって油断はできません

  • サンディスクのメモリーカードは、裏面にシリアルナンバーが印字されており、これを用いてユーザー登録が行えます

このシリアルナンバーを用いて登録を行った際にエラーが出るようならば、ニセモノもしくはそれに準ずる非正規品であることを一発で見抜けるわけです。わざわざパソコンを使って転送速度や容量をチェックする必要はありません。もし本物ならば、そのままユーザー登録も完了できるので、作業としては一石二鳥です。

メーカーの正規品であれば問題なくオンライン登録できる

実際の手順は以下の通りで、サンディスクのWebサイトにある「Western Digitalストア」にアクセスし、製品の型番および購入日、購入店舗、目的などを入力して、登録ボタンをクリックするだけ。問題がなければ、そのまま登録が行われてリストに追加されますし、そうでなければエラーが出てはねられるというわけです。

  • Western Digitalストアに行き、上段の「サポート」→「SanDisk」をクリックします

  • 画面右列にあるサポートオプションのなかから「製品を登録する」をクリックします

  • ログイン。アカウントがない場合は事前に登録を行っておきます

  • プルダウンメニューからプロダクトを選択します。ひとつのプルダウンで、シリーズ名、ブランド、速度、容量を選ぶやや特殊な方式です

  • 製品コード欄には、カード裏面のシリアルナンバー、国名は日本、場所は「オンラインショップ-Amazon Marketplace」、および購入年月日と理由、用途を記入して「製品を登録」をクリックします

  • 正常な製品であれば登録が実行され、下段のリストに型番が追加されます。シリアルナンバーの入力ミスには注意しましょう

  • 登録が完了すればメールが届きます。同社のWebサイトによると、並行輸入品に関しては、真贋のチェックはできても、保証がつかない場合もあるようです

ちなみに、こうしたオンラインでの登録が行えるメーカーは限られています。筆者は、おもにサンディスクの製品を購入しているため、この方法を常用していますが、同じく著名メーカーのひとつであるシリコンパワーは、オンラインでの登録フォームを用意していないため、この方法で製品の真贋は判定できません。

言い方を変えると、製品を購入する際はメモリーカードメーカーの信頼性に加えて、こうしたオンライン登録をサポートしているか否かをチェックするのが、特に初心者である場合は良策といえそうです。これに加えて、信頼できるショップから購入するという原則を忘れないようにすれば、高い確率でニセモノを回避できることでしょう。