ドラマ「恋はつづくよどこまでも」に出演する女優の上白石萌音さん(右)と俳優の佐藤健さん(C)TBS

 女優の上白石萌音さんと俳優の佐藤健さんの共演で1~3月に放送された連続ドラマ「恋はつづくよどこまでも(恋つづ)」(TBS系)。放送終了後から続編を希望する声も多く、「恋つづロス」を訴える視聴者が多い中、4月14日にスペシャルダイジェスト「恋はつづくよどこまでも胸キュン!ダイジェスト」(同局系)が放送されることが発表されると、SNSでは歓喜の声が続々と上がった。ダイジェスト放送を前に、4回に分けて胸キュンシーンを振り返る。

 ドラマは、円城寺マキさんの同名マンガ(小学館)が原作。偶然起きた出来事で運命の男性となる医師と出会って恋をした七瀬(上白石さん)は、彼に会いたい一心で猛勉強し、晴れて看護師に。念願かなって5年越しに再会した天堂(佐藤さん)は、毒舌ばかり吐く超ドSなドクターで通称「魔王」と呼ばれていた……。天堂に素直な思いを伝え続け、くじけず突き進む「勇者」の七瀬と、「魔王」天堂の恋模様をユニークに描いた。

 ◇佐藤健の登場シーンから話題に

 第1話では、七瀬と天堂の運命の出会いとなった5年前のシーンが描かれた。七瀬の前で女性が突然が倒れてしまい、大声で助けを呼ぶ七瀬の前に、「どうしました?」と、フードをかぶりランニングをしていた天堂が登場。天堂がかぶっていたフードを外して、女性に駆け寄る様子がスローモーションで描かれた。このシーンには、「佐藤健登場シーンからカッコいい」などの声が上がった。

 佐藤さんは、天堂の役作りについて「今回はシンプルに、どうやったら天堂が魅力的に見えるだろう?ということですかね。視聴者の皆さんに好きになってもらえるかということを一番の念頭に置いてやっています」と話していた。第1話放送後から、SNSでは「佐藤健カッコよすぎてやばい」「佐藤健さんのツンデレがたまりません」などのコメントが並び、佐藤さんの狙い通りとなった。

 第2話では、七瀬が天堂との甘いやりとりを妄想するシーンが登場。「いただきました、さつま揚げ」と家に来た七瀬に対して、優しい笑顔を浮かべた天堂が「じゃあ、一緒に食べよう」と言って部屋に招き入れたり、「はい、これ昨日のお礼」と言いながらクリームパンを食べさせたり、といった七瀬の妄想が続いた。ベッドに横たわる佐藤さんが、「お前はいつも……俺の隣だろう」と言うと、七瀬がベッドに入り込み、天堂が布団をかける……という妄想シーンも登場した。

 佐藤さんと上白石さんの対談で、佐藤さんは「ベッドに『おいで』って言って、ぴとってくっついて寝るシーンでは、(上白石さんが)たぶんテンパり過ぎて、最初、頭から突っ込んできた(笑い)。ただ頭突きだけして、『あ、頭突きしちゃった、すみません』って言って帰っていく……という謎行動をしていました(笑い)」と明かしていた。

 上白石さんは、「もうどうしたらいいのか……(笑い)。でも、『次、いつ妄想シーンありますか?』って楽しみに(笑い)」と話していた。

 ◇“治療キス”に視聴者大興奮

 第3話では、天堂の研修医時代の恋人の存在が明かされた。毎熊克哉さん演じる来生晃一が当時のエピソードを語り、「いつか誰かが現れて、あいつを縛っている鎖みたいなのを断ち切ってくれたらな」と天堂への思いを明かす場面も。これまでは、天堂に思いを寄せる七瀬を応援する来生の姿が描かれてきたが、来生が「俺もゲームに参加してみようかなと思って」と話し、七瀬のことが気になる様子もうかがわせた。

 第4話では、元入院患者の田沢伸(森廉さん)が、七瀬のストーカーとして登場。七瀬が田沢に襲われそうになったところに、天堂が駆けつけ、田沢ともみ合いになり、天堂をかばおうとして七瀬はけがをしてしまう。救急車で搬送中、七瀬は「今日みたいに先生と出かけて、できれば恋人同士みたいに手つないで、デートしたり、キスしたり……」と天堂への思いを語り、「好きです。何回でも、何百回でも言います。先生が……大好きです」と告白。そんな七瀬に、天堂は「乗り切ったら、願いを何でもかなえてやるから。キスでもデートでもしてやるから!」と声をかけ続けるが、七瀬は寝落ちしてしまい……。

 その帰り道、無事だった七瀬は「たしか、キスでもデートでもしてやるって。約束は守ってもらわないと」と切り出す。すると、天堂は「バーカ」と言いながら、突然七瀬にキス。「これは治療だ」と七瀬に告げる……という展開だった。この“治療キス”に、視聴者は「私も治療されたい」とSNSで大いに盛り上がった。

 「恋はつづくよどこまでも胸キュン!ダイジェスト」は、4月14日午後10時~同10時57分に放送。