長旅もできるファミリーカー!│シトロエンC5 エアクロス SUVにガソリンモデルが登場

CITROËNがコンフォートを打ち出し、SUVにあらたな価値を提供したC5 エアクロス SUVにガソリンエンジン仕様が追加された。  

シトロエンが100周年を迎えた2019年にデビューしたC5 エアクロス SUVは、SUVにおいてコンフォート性能という新たな価値をマーケットに提案し、シトロエンならではSUVの姿をマーケットに提示したモデルである。エクステリアデザインからインテリア、乗り心地、安全性とすべての側面において、すべての乗員がより良く快適な移動を楽しめるよう、ヒューマン・オリエンテッドな視点をもって開発されている。

このガソリンエンジンモデルは、より高い静粛性と120kg軽量な車体重量(ディーゼルエンジンモデル比)があいまって、C5 エアクロス SUV のコンフォート性能という最大の美点をより静かでより軽快な方向に伸ばしたモデルとなる。搭載されるエンジンは定評あるPureTech 1.6リッターガソリンターボエンジンで、ツインスクロールターボによって低回転域からのハイレスポンスと高いパフォーマンス(180ps/5500rpm 250Nm/1650rpm)を発揮する。



また、純正装着タイヤがローンチ時の235/55 ZR18のオールシーズンタイヤから225/55 ZR18のサマータイヤへと変更(現行ディーゼル仕様含む)となっており、一般路での快適性、静粛 性、燃費性能がさらに向上している。 また、PHC(Progressive Hydraulic Cushions™=プログレッ シブ・ハイドローリック・クッション)を採用し、シトロエンらしいサスペンションテクノロジーで”Magic Carpet Ride”、つまり魔法の絨毯のような乗り心地を実現している。 

ガソリンエンジンならではの静粛性とよりシャープなエンジンのフィーリングを楽しむことができ、仕様についてはディーゼルエンジンモデルと同一となっている。価格は同グレードディーゼルエンジンモデル比で22万9000円低い409万円と手ごろな価格に設定された。運転を楽しみながら、家族とも長く過ごしたいという人に最適な一台だ。